スポンサードリンク

私が以前勤めていた会社での体験です。

プラスチック製品の形成工場に派遣社員として入社し、40才以上の女性中心の職場でした。

入社した時教育担当の人から

お局様には気をつけて

と言われてましたが、その時は、その人がそんな存在だとは思えませんでした。

しかし、すぐに気をつけなければならない理由が分かりました。

お局様はとてもヒステリックで、

笑顔を保ちつつも大声で怒るという器用な(!?)女性で、社員全員から恐れられていました。

作業の打ち合わせ中に不明な点があったので質問をしたら

お前大丈夫か!?

いつものように大声で怒鳴り(顔は笑いながら)

手に持っていたラップで私の頭を3回叩き

さらに背中を平手打ち、

さすがに頭に来ましたが、自分に言い聞かせて何とか耐えました。

いや、耐えたと言うより、何も言えなかったというほうが相応しいかもしれません、

そして、そんな弱い自分に腹がたちました。情けなかったです。

怒りで体が震え、涙もこらえる日がたくさんありました。

気分によって方針がまちまちで、昨日まで普通にしていた事でも今日はダメ、さらに感情にまかせて乱暴な言葉の数々を浴びせる…こんなひとは私の人生のなかで初めてでした。

いつか仕返ししてやる!

と奮起するも具体的な対策は浮かばず、

仕方がない

もう仕事辞めよう…

そう思いました。

どうせは私は派遣社員、しかも一ヶ月単位の契約です。

今月いっぱいで辞めよう、そう決意しました。

そんな折、私は目撃してしまったのです、

スポンサードリンク

工場長とお局様がキスをしている瞬間を。

資材置き場に資材を取りに行った時のことでした。

見間違いではありません、工場長とお局様が唇を重ねていたんです。

お局様はもう50代半ば、しかもお相手の工場長は既婚者です。やるなあと、ある意味感心してしまいました。

私に見られたのをまずいと思ったのか、

二人は飛び退いて離れ、お局様は黙ってその場を去り、工場長は「誰にも言わないで」と言い残して消えました。

仰天でした。

気まずいのでしょう、

キス目撃以降、お局様の私への態度は以前までのものとは打って変わり、急によそよそしくなりました。

それから何日か経って。

休憩時間に皆で談笑していると、珍しくお局様が差し入れのケーキを持ってきたんです。

そしてお局様は念押しでもするかのように、私に向かって

食べてね!

と、一声かけたのです。

そして私は思わず言ってしまったんです。

口止め料ですか?

って。

その言葉に反応した皆が、

どーしたの?って私に聞いてきたので

もうここまできたらいいや、どうせ辞めるしなんとでもなれ

ってな勢いでもって、

◯◯さん(お局様)が工場長とキスしてたんですー

って暴露しました。

笑いながら、大きな声で。

まさか私が言うとは予想してなかったのでしょう、

お局様は慌て否定しました。が…

私も見たことあるよー

と、そこにいた同僚の一人から援護射撃が。

 

最後の最後で大逆転、気分よく退職することができました。

 

スポンサードリンク