サッポロ一番塩ラーメンのおいしい食べ方(アレンジ&ちょい足し術)

サッポロ一番塩ラーメンのアレンジ・ちょい足し術ついて、まとめました。

アレンジのバリエーション

サッポロ一番塩ラーメンのアレンジを大まかにわけると、カルボナーラ風、あんかけ風、イタリアン風があります。

 

もちろん、私が知ってる範囲ですので、これ以外にもたくさんあると思いますが、だいたいこの3つが代表的なものではないでしょうか。

カルボナーラ風

その名の通り、パスタのカルボナーラ仕立てにしたものです。

 

冬場など、寒い時期にリピート率が高いアレンジです。

 

用意する材料としては、

 

牛乳、ミックスチーズ、卵の黄身(2個)

 

これらを、完成したサッポロ一番塩ラーメンに加えることでカルボナーラ風になります。

 

お好みで、パセリやベーコン、黒胡椒などを加えます。カルボナーラ風の場合。付属の胡麻を使用するより、黒胡椒をかけたほうが、よりカルボナーラっぽくなりますね。

サッポロ一番塩ラーメン カルボナーラ hokasaitokara

画像引用元
pic.twitter.com/4YsQLc9wrl

塩ラーメンに限らず、インスタント麺類のアレンジはパスタに倣うことが多い気がします。

あんかけ風

塩ラーメンに限らず、しょうゆラーメン、チキンラーメンでもOKの、応用範囲の高い定番アレンジです。

 

用意する材料は、片栗粉

 

さらに、ラー油ごま油を加えることで、味に深みがでます。

 

このアレンジも、カルボナーラ風アレンジ同様、寒い冬に美味しく頂けそうなアレンジです。

スポンサードリンク

イタリアン風

さっぱりした感じに仕上がるアレンジです。これまでの2つアレンジと違い、夏場にハマります。

 

用意する材料は、

 

レモン汁、カットしたトマト

 

レモン汁の代わりに、レモン果汁を使ったドレッシングも使用できます。

 

具材としては、トマトの他に、アボカド、(苦手でなければ)ハーブを加えると、よりイタリアンっぽく仕上がります。特に、アボカドは人気があるようです。

ちょい足し術

アレンジとまではいかないですが、ちょっと足すことで、味に違いがでる調味料等を紹介します。

  • マヨネーズ
  • ドレッシング
  • ごま油
  • レモン汁  
  • ポテトチップスを砕いたもの
  • 納豆

圧倒的支持率が高いのが、マヨネーズ。

 

サッポロ一番塩ラーメンには胡麻ではなく、マヨネーズを付属させたほうがいいのではないか。そう疑うくらいに、中毒者が溢れています。

 

ドレッシングについては、先ほど触れた、レモン果汁入りに代表されるさっぱり系ドレッシングが定番。

 

しかし、全く逆志向の、ごまドレッシングも合うという意見もあります。打って変わってのこってり系です。

 

よくよく考えると、マヨネーズがマッチするのだから、おかしくないちょい足しなのかもしれません。

 

砕いたポテトチップスのトッピングは、テレビでも紹介されました。ポテトチップスがガーリックフライ的な役割を果たします。

 

ポテトチップスのみならず、牛乳も加えると、よりいっそう美味しくなるのだとか。

 

納豆は、塩ラーメンに加える事で、臭みが中和される、旨味が増す。らしいのですが、試してみたところ、私はちょっとダメでした(笑)

まとめ

以上、サッポロ一番塩ラーメンのアレンジ・ちょい足し術についてご紹介しました。

 

アレンジについては、紹介した3つの他に、冷やし中華風といったものもあって、夏場には良さそうです。他には、オムソバの中の焼きそばに、サッポロ一番塩ラーメンを使用するパターンもあるようです。

 

探せば、まだまだ発見できそう。

【関連記事】
チキンラーメンのアレンジ

以上の記事も、関連のある内容に該当するので、よろしければ合わせてお読み下さい。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ