リュックサックの洗い方/洗濯機はダメ?手入れは慎重に!

スポンサードリンク

リュックの洗い方として洗濯機の使用はアリ?

リュックサックの洗い方について、洗濯機で洗っていいか不安に思う声が多いです。

 

結論からいうと、

 

望ましくはないというのが答えです。

 

ひどい汚れはブラシで落とし、洗剤や中性剤を染み込ませた布などで全体を叩くというのが、一般的な手入れの仕方とされています。

 

しかし、手洗いは面倒なのか、実際には、洗濯機に放り込んだことがあるという人も一定数いるのは事実

 

しかも、「普通に洗えた」というケースが多いよう。

 

皆さんけっこうな無茶をしてるみたいですが、何とか洗えているようです。

 

ただし、中には、縮んでしまった。型が崩れてしまった。という失敗例も報告されています。

(少数ですが、紐が切れてしまったという声もありました…)

 

多少の色落ちならまだしも、縮んでしまっては、リュックの機能がガタ落ちです。なんとしてもこの結果は避けたいですよね?

洗濯機で縮みやすい素材とは?

一般に、洗濯機にかけて縮みやすい素材の代表例として、ナイロン製素材があります。

リュックではありませんが、手提げバッグはナイロン素材のものは、洗濯機で洗うと縮んでしまうので、洗濯機では洗ってはいけないとされます。

 

特に、バッグ類は、外の素材と中の素材が違っていることが多く、洗った時に、アンバランスな縮み方をします。バッグは型が命みたいな部分があるので、型くずれは致命的です。

 

なので、あなたが洗濯しようとするリュックサックの素材が、ナイロン製の商品であれば、洗い方として、洗濯機を選ぶのは、より避けておいたほうが無難でしょう。

 

ナイロン素材の他には、綿素材も比較的縮やすいとされています。

 

いずれにせよ、リュックを洗うときには素材に着目し、素材にに合わせた手入れをしましょう。

 

また、素材に関わらず乾燥機にかけることも縮んでしまう大きな原因のとなります。自然乾燥で乾かすべきです。

スポンサードリンク

リュックを洗濯することのデメリット

リュックを洗濯機に入れることのデメリットは、収縮以外に、防水機能の低下ということもあります。

 

リュックサックには防水加工の施されている製品が多いので、そういったものを本腰を入れて洗ってしまうと、防水機能にダメージを与えてしまいます。

 

メーカーが、洗うことを推奨していない場合は、型くずれ以外にも、防水の観点からそう記載していることが考えられます。

 

縮むことに比べれば、防水加工はさほど気にすることもないかもしれませんが、こういったデメリットもあることは押さえておきましょう。

 

また、洗い終わったあとに、防水スプレーをかけておくというのも対処の一つになり得るでしょう。

リュックの手入れ/まとめ

リュックサックの洗い方に関して、洗濯機で洗っていいか?について簡単にまとめると、

 

洗ってはいけないというのが一般の回答。

 

ただし、実際には洗濯機でまわしている人も多いのは確か。

 

仮に洗うとすれば、素材ごとの収縮性に注意するべき。特にナイロン製か否かには着目。他には防水機能の低下につても留意しておくべき。ってな感じになるかと思います。

 

いずれにせよ、リュックサックの手入れに関しては、慎重になったほうが無難といえば無難。

 

ブラシと布を使った洗い方が基本であることは把握しておきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ