【プリザーブドフラワーの飾り方】風水的に良くない置き場所は?

風水を意識した飾り方

贈り物として、プリザーブドフラワーを頂くことがあるかと思います。

 

プリザーブドフラワーを贈る時は、送り主が本人に合わせた色を選んでくれているケースが多いので、できるなら大事にしたいものです。

 

自分に合わせて選んでくれたというのが、何よりうれしいプレゼントですよね。

 

とはいえ、風水を積極的に取り入れている人にとって、ある意味「厄介な存在」なのが、プリザーブドフラワーでもあります。

 

 

プリザーブドフラワーは風水的にいい?

プリザーブドフラワーは風水的な観点からみていいのか?

 

この点に関して疑問を持つ人が多いと聞きます。無理もありません。この疑問に関しては、専門家の間でも決定的な答えが出ていないようです。

 

問題ないという人もいれば、いやいや良くないという人もいます。

風水の考え方の基本

風水は、「生命」にちなんだなもの、命みなぎるものを良しとします。

 

その反対で、老いや枯れをイメージさせるものは嫌います。

スポンサードリンク

 

これを花に当てはめると、生花が風水的に良しとされるのは間違いありません(但し枯れたものはダメですよ?)。

 

生花の対極にあるのは、ドライフラワーです。枯れをイメージさせるので、風水的にはよくありません

 

そして中間というか、そもそも生命とは無関係なのが造花です。だたの「モノ」としての扱いです。

 

生花+>>造花<<-ドライフラワーです。

 

そして、ブリザーブドフラワーとは、(簡単にいうと)生花から水分を抽出し、長期保存を可能にしたもの。ドライフラワーや造花と違い、生花さながらの、艶やかさや質感を再現しているところが特徴です。

 

これを生きていると捉えるか、そうでないと捉えるか、あるいは、そもそも生き物とは関係ないタダのモノとしてみるかで結論が分かれます。

置き場所に注意を払うのが無難

結論としては、置き場所に気をつけることで、プリザーブドフラワーの影響をなくすのが無難だということです。

 

風水的に重要になってくる場所(玄関や(人が集まる)リビング)にさえ置かなければ、悪影響を受けることはありません。

 

 

また、プリザーブドフラワーは湿気に弱いです。長く飾りたいのであれば、お風呂場やトイレなどの湿気がたまりやすい場所に置くのも控えたほういいでしょう。

 

風水的な悪影響を受けない分には、目で楽しめる存在として価値はあります。

 

花が持つ生命のパワーとは別に、色そのものにも力があることを考えると、華やかな色をしたプリザーブドフラワーを飾るのは、有効だともいえるでしょう。

プリザーブドフラワーの飾り方は?(結論)

結論としては、風水的な飾り方を意識した場合、プリザーブドフラワーは置き場所には注意するのがベター。玄関など、風水的に重要になるスポットは避ける。

 

その上で、花としてではなく、色のパワーを持つ飾りものとして捉えるのが無難な選択だということです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ