彼氏が年下! かわいい…けど、甘えん坊で未だ敬語なのが悩みです

別れの原因は、年下彼氏の甘えん坊と敬語のせい!?

友人女性Mが、年下彼氏と別れた。

 

ずいぶんと悩んでいたようだったが、ついに決断したようだ。

 

 

ああ、最初は「かわいい、かわいいい」と、年下彼氏にわーきゃー騒いでたのに。

 

年下 彼氏 batakuso

Mは年下彼氏と婚活(お見合いパーティー!?)で知り合い、結婚を前提に数ヶ月ほど付き合っていた。

 

結婚願望の強かったMは、年下の彼氏に弁当を持参させるなど、かいがいしさをみせつつ頑張っていたようだが、

 

ある日突然、

 

もう疲れた…

 

といって、彼氏に自ら別れを告げたよう。

 

Mの、「疲れた…」を具体化すると、

 

小まめに世話をしていると、いつ間にか恋人(婚約者)ではなくて、彼の母親になっていた…ガッデム!

 

って内容となる。

 

わたし、お母さんになったみたい…

 

そうため息をついて悩みに悩むMを思いだします。

 

Mは34歳、

 

彼氏は何歳だったのかは失念しましたが、おそらく20後半だったと記憶。

 

やはり結婚となると、甘えん坊彼氏との未来予想図は描けなかったようです。

年下彼氏の甘えん坊をどう捉えるか

いくら年下の彼氏がかわいいといっても、女性としては、やっぱり自分のほうが甘えたいって思うもの。

 

年下彼氏の甘えっぷりが面倒くさくなって、悩みを抱えたり、あるいはMのように別れてしまうケースも意外と多いよう。

 

このあたりは、適度にお互い甘え・甘えられる関係を築くことが必要になりそう。

 

この点に関して、

 

年下彼氏といえど、男としてのプライドや男気はあるはずなので、

 

そこを上手に刺激するのがいいではと、ふと思いました。

 

「年下彼氏を「いい彼氏」に育てる言葉」という素敵なアンケート結果を見つけたので、こちらがヒントになりそう。

スポンサードリンク

 

年下彼氏 敬語 甘えん坊

画像引用元
http://woman.mynavi.jp/article/121208-001/

 

たとえ、年上であっても

 

頼りにしてる!頼りになる!

 

と、彼女から言われてしまえば、頼りがいのある男を演じようとするのが男ってもの。

 

特に、4位のような「年下なのにすごーい!」的な言葉は効果ありそうだと思った。

 

で、たま~に、

 

(7位にあるように)甘えてもいいよ的な、いわゆる「アメ」を与えるのがバランスとれて良いのではないかなと。

敬語はよしてほしい?

あと、Mが愚痴をこぼしていたのが、年下彼氏が敬語でしか話してこないとういこと。

 

敬語だと、どうしても壁があるよね。Mの気持ちは分かる。

 

これに関しては、

 

敬語はやめてとストレートに言う

 

これが一番の方法かなと。

 

しかも、1回だけじゃなく、複数回言い続けないとダメな場合が多いように感じる。

 

慣れてしまえばどってことないんだけど、どうしても最初は違和感みたいなものが拭えないから。

 

あと、敬語の前に、名前の呼び方が大事かも。

 

名前を「○○子」と、呼び捨てで呼ぶことになれば、自ずと会話もタメ語になるし。

 

あるいは、呼び捨てが難しければ、「○○ちゃん」のように、ちゃんづけにしても良いかも。

 

「○○さん」よりは親近感があるので、ちゃんづけをルールにすれば、自ずと会話もタメ語に流れる。

 

他には、リアルな会話だと抵抗が強いので、まずはメール文から呼び捨てをするように促すとか。

 

友人同士の人間関係でも、最初は敬語の間柄だったのが、メール交換を通してタメ語になっていった、ってのはよくある話。

 

どうでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ