【バーベキューでの髪型】おすすめのヘアスタイル&帽子(女編)

バーベキューの髪型について注意することは、

 

髪に匂いをつけないヘアスタイル、

 

この1点に尽きます。

 

【関連記事】
バーベキューの服装(格好)と靴のコーディネート【春・女編】

 

それゆえ、

 

髪型については、ダウンヘアは避け、まとめ髪にするのがおすすすめ、ということになります。髪をまとめると、匂いがつく範囲がおのずと狭まります。

 

 

まとめ髪というと、ポニーテールも思いつくかと思います。

 

 

ただ、なるべくならそういった動きのあるヘアスタイルよりも、もうちょっとコンパクトに収まる髪型(お団子ヘアとか)がいいでしょう。

 

髪は油を吸収するスポンジ

髪の毛は油を吸収する性質があります。

 

しかも、バーベキューであなたの髪にまとわりつく油は、肉から発される動物性の油で、

 

この類の油は髪の毛を単に拭くだけでは落ちにくい、(ちゃんと落とすににはシャンプーが必要です) 厄介な油です。

 

まとめ髪にして、髪を煙(油)から守ることも必要ですが、

 

 

他に事前の対策をするのであれば、消臭効果や殺菌効果のあるトリートメント(洗い流さないトリートメント)が効果的です。

 

【送料無料!】ハホニコ ハホニコプロ ジュウロクユ 十六油 (60 ml)【洗い流さないトリー…

 

 

肉を焼き始める前に、こういったトリートメントを付けておくことで、ある程度、匂いの吸収は回避できるかと思います。

 

 

あるいは、もし自宅に寝ぐせ直し専用のヘアウォーターをお持ちであれば、そちらも重ねて活用することで、髪を悪臭から守るのに有効です。

 

キャップ VS 麦わら帽子

髪を悪臭漂う油や煙から守るには、当然ですが、帽子アイテムが重宝します。

 

 

実際、バーベキューに参加している女性陣の画像を検索していると、帽子をかぶっている人がよく散見され、

 

 

キャップ派・ハット派・麦わら帽子派の三パターンに別れます。

スポンサードリンク

 

 

では、バーベキューにはいずれが適しているのか?ですが、

 

(季節が春~夏であることを前提ですが)

 

あなたの大事な髪の毛を、油の匂い・悪臭から守るという意味では、むぎわら帽子のほうが適しているではないかと考えます。

 

バーベキュー 髪型 帽子hokasaito

画像引用元
http://moanacs.blog95.fc2.com/blog-entry-139.html

 

その理由としては、麦わら帽子のほうが、熱中症予防、つまり熱を防ぐことに長けているからです。

 

頭や髪に熱がこもると、汗ばんでしまって、帽子を脱ぎたくなる衝動に駆られる可能性が高くなります。

 

しかし、汗ばんだからといって帽子を脱いでしまうと、それだけ、髪が煙や油にに犯されることになってしまいますよね。

 

その点を考慮に入れると、

 

通気性に優れていて、かつ色も淡い白系統で熱を吸収しにくいといった特徴を持つ帽子、

 

つまり、麦わら帽子のほうが、どちらかといえばバーベキューに向いていると判断できます。

 

ただ、麦わら帽子にはデメリットがあって、それは紫外線カットの効果が期待できないという点です。

 

なので、もし紫外線をカットする面を重視したいといったことであれば、

 

 

麦わら帽子よりも、黒色のUVカットを施したキャップ(あるいはハット)を選択したほうがいいでしょう。

 

まとめると、

 

バーベキューの髪型は、コンパクトにまとめたヘアスタイルがベター、

 

帽子を着用するのであれば、麦わら帽子をおすすめということになります。

 

(但し、紫外線カットを重視するのなら、黒系のキャップ・ハットを推奨)

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ