花見 東京での開花時期を予想、見頃はいつ?【2016】

花見の開花時期予想に関する疑問

今年は(も?)暖冬と言われています。

 

暖冬と桜の開花時期については関連性があるのか?

 

桜の開花予想というが、何を基準に予想しているのか?

 

2016年の花見の時期はどーなるのか?

 

これらの点に関して、ちょっと気になったんで、調べてみました。

 

桜 東京 時期2batakuso

 

結論から言うと

 

暖冬は桜の開花時期に影響を与えるようです。

 

暖冬=花見の時期が早まる

 

といったイメージを私は持っていました。

 

あなたもそうではないでしょうか?

 

しかし、

 

そのイメージは的外れとまではいかないですが、正しくもないとう結論に達しました。

桜が育つ環境

桜の成長予想については、

 

2つの方向(環境)から予想するのが一般なようです。

 

その2つとは、

 

◎眠りから目覚めるに適切な環境を経たか

 

◎活発に活動できる環境を経たか

 

であって、この2つの条件が揃うと、それだけ桜の成長が促進される、つまり、花見の時期が早まるという方向に流れます。

眠りから目覚めるに適切な環境を経たか

桜が将来的に順調に蕾(つぼみ)を花咲かせるためには、寒い時期(12月~2月前半)に、十二分に気温が下がることが必要らしいです。

 

桜は夏に芽が誕生し、その後はすぐに眠りに入ります。

 

その後、秋頃までは眠り続け、冬まで待って、「そろそろ成長する準備を始めるか~」と重い腰を上げ、目覚めます。

 

そして、その桜が目覚めやすい環境というのが、冬の時期(12月~2月前半)に低温にさらされることなのです。

 

具体的には、3℃~9℃くらいの気温下で眠ることが、適切とされているようです。

 

例えば、日中に10℃を超える日が続いたりすると、それだけ将来の成長が阻害されるということになるのでしょう。

 

このことから分かるように、

 

暖冬=桜の開花が早まるというわけではなく、むしろ遅れる方向にいく可能性があるということになります。

 

この点は、意外でした。

 

ちなみに、桜が秋頃まで眠り(休眠し)、その後、冬に目覚めることを専門用語で『休眠打破』と言います。

 

眠眠打破っっていう商品の名は、もしかしてここからきてる?

活発に活動できる環境を経たか

前述で説明した通り、桜の成長には、冬の時期(12月~2月前半)は、低温の環境を経ることが必要です。

 

しかし、

 

それは2月までの話であって、それ以後、2月半ば以降は違います。

 

低温が必要というのは桜が目覚めるに必要ということであって、目覚め後は、当然、温かいほうが活発に成長活動ができます。

スポンサードリンク

 

なので、2月前半までとは打って変わって、

 

2月後半以降は、気温が高い日が続くことによって、桜の開花時期が早まる、逆に気温が低く推移すれば、それだけ開花時期遅れるという関係になります。

 

このように、桜の開花時期は、

 

■12月~2月前半が低温で推移(3℃~9℃)すること

 

■2月後半以降が高温で推移すること

 

の、2つのポイントからの分析が必要になります。

 

桜 東京 時期 hokasaitokara
画像引用元
http://www7b.biglobe.ne.jp/~cerasus/nishikaika.html

2016年東京の花見の時期を予想?

2016年東京の開花の時期について予想するとなると、

 

今の時期(2016年1月22日)は、低温(3℃~9℃)であることが必要となるところ、

 

2015年12月で、東京の気温が10℃を下回ったのは、23日のみ。

 

2016年1月前半も、2日以上10℃を下回った期間はなく、17日になって始めて、連続して9℃以下を記録するようになっています。

 

過去の平均をみるに、1月4日以降は、例年9℃以下を維持している模様。

 

花見 東京 時期 hokasaitokara

画像引用元
http://www.accuweather.com/ja/jp/japan-weather

 

ここまでのデータだけをを参考すると、東京の2016年の花見の時期は通常より遅れるという予想結果に(下記、追記を参考)。

 

ちなみに東京の直近5年の開花時期は、3/16~3月28となっており、2015年は、3月26日でした。

 

2016/2/4追記

2016年の桜の開花予想が、気象予報士から報告されました。

 

去年と同じ、東京は『3月26日』との予想結果です。

桜の開花時期2016 hokasitokara

 

1月の気温が去年より低かったため、去年よりは開花時期が遅れると私は予想しました。

 

しかし、気象予報士によると、

 

3月以降の気温が全国的に高くなる。その影響で桜の開花も促進されるとのこと。

 

つまり、

 

2月後半以降が高温で推移すること

 

この部分において好条件が維持されるということでしょう。

 

桜の開花予想(全国)に関する最新の情報はこちらのサイトを参考

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ