潮干狩り【2016】大潮の時間帯(おすすめの干潮時刻)について

2016年、潮干狩りに行く際の、おすすめの日、時間帯が気になったので、調べてみた。

 

潮干狩りは、子供に喜ばれるのはもちろん、デートスポットとしても使えます。

【関連記事】
潮干狩りって、デートとしてあり?

 

お金もそんなにかからないし、いいですよね。

 

まず、予備知識として、

 

潮干狩りは大潮の日、かつ干潮時刻を狙うのが常識です。

 

一応、知らない人のために、

 

『干潮』とは波の引いている状態の浜辺のこと。

 

一方で、『大潮』とは、その波が引いている、つまり潮干狩りができる時間帯が長いことだと考えてもらえると簡単かと思います。

 

なので、

 

潮干狩りをゆっくり楽しむ、あるいはできるだけ多くの貝を収穫するためには、大潮の日を選びましょう、という結論になる。

 

 

では、その大潮はいつなんだ?

ってことなんですが、

 

それを調べる際には、以下のサイトが参考になります。

潮汐表

 

潮汐表を使った大潮(干潮)の調べ方

 

例えば、関東では千葉の木更津が潮干狩りスポットとして有名です。

 

で、その木更津で潮干狩りをする際の、最適な日を知りたい場合。

 

潮汐表のサイトのホーム画面から、

 

『関東地方』⇒『君津』⇒『潮汐カレンダーを表示』とクリックしていくと波線のグラフが並びます。

 

潮干狩り 大潮時間帯 君津 修正2 hokasaito

*木更津の項目はなかったので、木更津の近くの君津で検索してます

そして、このグラフの見方ですが

 

赤の直線を軸に、これより(青の)波線が下に食い込めば、それは『干潮』(波の引いた状態)であることを意味します。

 

この波線が下に行けば行くほど、潮干狩りには向いている日となります。

 

大きく下にずれ込んでいる日は、大潮となり、グラフにも『大潮』(黄色で囲んであります)と表示されます。親切ですね。

スポンサードリンク

 

さらに、潮干狩りに向いていてる日のみならず、時間帯まで知るには、特定の日の箇所をクリックします。

 

ここでは7日をクリック。

すると、さらに拡大された図が出てきます。

 

潮干狩り2,016 大潮 5月7日 修正 hokasaitokara

 

11時7分が最も潮の引いている(=陸地部分の広い)時間帯とわかります。

 

なので、この日は、11時の周辺、だいたい10時~14時が、潮干狩りをするに最適な時間帯といえますね。

 

現場に昼過ぎに着いても遅いかなって感じ。15時にはもう波が押し寄せています。

ゴールデンウィーク(2016)の潮干狩り

ゴールデンウィークの潮干狩り状況(木更津・君津)ですが、

 

5月3日(憲法記念日)、4日(みどりの日)、5日(子供の日)は難しい。

 

5日は無理ではないけど、12時過ぎにはもう満潮を迎える。早朝に出かける必要あり。

 

逆にそれ以降、

 

5月6日~8日あたりは大潮なのでいいのかなと。

 

7日、8日は土日なので混むでしょうね。

秋・冬でも潮干狩りはできる?

潮干狩りといえば、春~初夏にかけてがシーズン。潮干狩り場が営業をしているのは、7月、8月あたりまで。

 

ですが、

 

別の記事でも記載した通り、

 

潮干狩りは秋・冬でもできます。

【関連記事】
潮干狩りの期間はいつからいつまで?春以外の季節、夏秋冬について

 

秋・冬こそ潮干狩りシーズンだ!みたいなことを口にする人もいます。

 

実際、その通りで、

 

例えば、2016年11月29日(君津)は大潮の日です。

 

潮干狩 大潮 秋冬 hokasaitokara

 

あさりの大量捕獲が狙えます。

 

ただし、干潮時刻が22時59分…

 

深夜になっちゃうんです、秋・冬の潮干狩りは。

 

秋・冬の潮干狩りが浸透しないのは、これが理由。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ