美人姫の特徴(糖度・重さ)と値段を調査/一粒5万円のイチゴ狩り?

一粒5万円のイチゴだと…

 

最初に耳にしたときは、「まじかっ! ハイパーインフレじゃん!」って、悶絶した記憶がある。

 

以前にもテレビで特集されて、気になっていた美人姫というブランドのイチゴについての話です。

 

一粒5万円のこのイチゴは、どうやらネット販売もしているよう、

美人姫 イチゴ狩り

画像引用元
https://www.bijinhime.jp/

 

価格帯をみるに、値段は大きさ(重さに)に比例するということ。

小さいもの(38g)だと、一粒500円~600円程度、

 

大きめサイズ(70~80g)になると、一粒1万円まで価格が上昇し。

 

さらにもっと大きい90g超とかのレベルとなると、5万円の大台に乗るって感じ。

 

価格の付け方が単純な正比例ではなく、1万から5万とイッキに跳ね上がるのは、80gの大きさを超えるイチゴがそれだけ希少だからでしょう。

 

一粒5万のレベルになると、もう単純にイチゴを食べるというよりも、「希少さ」という物理的には測れない贅沢を食べるってこと。まさにセレブの果実だ。

 

美人姫でウエディングケーキを作ったなら…

200粒のイチゴを使用したウエディングケーキ

 

美人姫 イチゴ狩り 特徴 ウエディングケーキ hokasaitokara

画像引用元
http://www.lei.ne.jp/h/client/lei_18/popup_gallery_2303.html

 

もし、このイチゴが全て美人姫だと想像したら…

 

一粒の価格が、500円弱~5万なので、
イチゴだけで、10万~1000万円

 

1000万円のケーキ…

 

お、おう…って言葉しかでない

 

 

自販機もあるらしいっす

農園には、美人姫が購入できる自販機がある。
自販機なだけに、24時間営業なんだとか。

 

しかし、これで、夜中にいちごが食べたくなっても心配ないぜ!って、深夜に買いに行くイチゴ好きがそんなにいるのかはギモン。

 

自販機販売での価格は600円~6,000のものが中心。
24時間といっても、日中に売り切れてしまうこともあるようなので、お早めに。

 

農園の場所(奥田農園)

〒501-6226 岐阜県羽島市正木町三ッ柳20番地

 

美人姫の特徴(糖度や重さ)

開発まで15年の歳月を経ている美人姫。

 

美人姫のウリは、

 

「見た目、香り、甘さ、大きさ」、全ての条件が満たされていること。

スポンサードリンク

 

 

明らかにビジュアルが違うというか、

 

 

テレビ番組の女性レポータが、

 

 

おめえーっ、こんなイチゴ持ったことねー

 

 

みたいなレポートをしていたのが印象的です(実際はもうちょっと上品な口調だったとは思います…すいません)

 

 

だって、イチゴの重さなんて普通は意識しないじゃないですか。

 

 

だから手に持ったときのインパクトがそれだけ大きんだと思う。

 

美人姫 特徴 イチゴ狩り hanbaisaito

画像引用元
http://item.rakuten.co.jp/aionline-japan/od-04/?scid=af_pc_link_tbl&sc2id=346539473

 

 

ちなみに、イチゴといえば「とちおとめ」が思いつきます。とゆーことで、美人姫ととちおとめを比べてみると。

 

比較項目 とちおとめ 美人姫
糖度 10度~ 13度~
重さ(平均) 15g 45g

 

糖度が13度あればかなり高いとされるところ、美人姫の場合は、ほとんどが13度以上のものに育つ。

 

重さもとちおとめと比べて、3倍近く違います。
スーパーなどで市販されてるものは、見た目が大きなと感じるものでも25g~30gなので、サイズも全然違うってこと。

しかも、ただ大きいだけじゃなく、味も大味ではない、果肉が濃いってところもポイント。

美人姫のイチゴ狩りはできる?

どうせなら、農園で一粒5万のイチゴ狩りをしたくもなりますよね。

 

ってことで、イチゴ狩りができるかどうかについて調べてみたんですがイチゴ狩り自体はできるようですが、ただ、美人姫のイチゴ狩りができるかについては、ちょっとわからなかった。

 

いちご狩り自体(美人姫以外)は4月~5月にできるみたいない情報は得れたんだけど、しかし一方で、美人姫の収穫時期は冬場(1月~2月)。

 

販売期間も12月上旬から3月末まで予定となっています。

 

なので、イチゴ狩りとして農園が開放されている時期とはズレがあることに。

 

高級ブランドなので、素人には直に狩らせてもらえない?

 

…この点は、直接農園に問い合わせたほうが良さそうですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ