りんごの皮 皮むきのコツ~農薬の洗い方・落とし方まで

りんごの皮のむき方とそのコツ

包丁さばきが下手です。
皮を向くのも下手です。

 

桃の皮をむいて食べたんですが、

皮をむいたというよりも、
桃の周囲を削ぎ切ったみたいになって、

 

つまり、ガタガタになりました。

もはや丸ではなく、四角でした。

 

ただ、

りんごの皮だけは、一応それなりにむけます。

ピーラーもありますが、
あまり使いません。

 

コツは、

 

  • 包丁のアゴ(付け根)部分を当てる感覚で
  • 包丁動かすのではなく、りんごを回転させる

 

あとは慣れだと思います。

 

皮をむくのではなく、皮がむかれるイメージで

 

と、いった表現をする人がいましたが、

言い得て妙というか、

まさにそうだなと感心しました。

が、しかし、

 

その私の常識を、
正面からくつがえすような動画を発見してまいました。

 

見なければよかったです。

 

剣を振るかのように
おもいっきり手を動かしてますね(笑)

 

わずか18秒で、

 

りんごが丸裸にされちゃってます

 

ちなみに、

こちらが一般的なお手本です。

 

りんごを洗った友人に驚愕!?/農薬の落とし方・洗い方

りんごの皮を洗剤で洗った友人がいて、びっくりしました。

 

彼女いわく

だって農薬がついているから…

だそうです。

 

確かに、市販のりんごには農薬が付着しているでしょうから、
気持ちはわかりますが、

 

それにしたって、

何も洗剤まで使わなくてもという気もします。

(しかも、どうせ皮むくんだから意味ねーじゃんと思った)

 

で、

りんごの洗い方、農薬の落とし方ですが、
一般的には次のような方法が考えられるようです。

  • 水で手洗い
  • 水とスポンジでこする
  • 塩水に漬ける
  • 酢で洗い流す

 

基本的には、

水で手洗いするだけでも充分なようです。

スポンサードリンク

ほとんどの人が手洗い、
せいぜいスポンジでこする程度だと思います。

 

ただ、

どうしても残留農薬を落とし切ることににこだわるのなら
酢を利用するのがいいようです。

水に少量の酢を足し、それでりんごを洗うと
単に水で洗い流した場合に比べて
2倍、それ以上の効果が期待できるという結果が報告されてます。

 

水だけだと、
洗い落とせる農薬は3割(下のデータ参照)ほどのようです。

りんご 農薬 落とし方

引用元 http://wol.nikkeibp.co.jp/article/special/20100311/106205/?P=3

 

あと、塩水に浸しておいてから水で洗い流すのも効果がある
といった意見もありました。

う~ん、

酢が効果大というデータが多かったのです。

 

が、私は水洗いを貫き通します。

だって面倒だから(笑)

 

ある程度の有害物であれば、
人間持ち前の免疫が働くでしょうし、

免疫をつけたほうが、
逆に強い体ができるので、あながち悪いと言い切れないのでは。

そんなふうに結論づけました。
無理やり。

 

なまくらな性格なので、

農薬を使わないんじゃなくて、
人間の身体に良い農薬を開発しろよ!
って思ってしまいます。

 

あと、

たまにりんごのテカテカが気になって
洗い落とそうとするひとがいますが、

あのテカテカは人工的なワックスではなく、
りんごそのものから分泌した液なので

気にする必要はありません。

あのテカテカワックスのおかげで、
潤いを保つことができるようになっているそうです。

無農薬がいいというけれど…

りんごの無農薬は
市場にはほとんど出回ることがない、

というか、
無農薬で栽培するのは相当難しいそうです。

 

りんごって、
甘酸っぱくていい香りがしますよね?

それって、人間以外の生き物(虫)にとっても同じです。

 

なので、

何も手を加えないと、
どうしても虫の餌食になってしまうのだとか。

 

無農薬栽培されたりんごが、
かつて話題になり「奇跡のりんご」と叫ばれましたが、

あれは誇張ではなく、文字通りの「奇跡」なんです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ