オーブンシートがない?代用のおすすめはコレ!パン焼きでも活躍!

オーブンシートがない?

パンを焼いたり、クッキーを焼いたり、焼き菓子を作る時には「オーブンシートを使いましょう」とレシビ本などで指示されていることがあるかと思います。

 

では、そのオーブンシートがない場合どーするか?

 

今回は、オーブンシートがない場合の代用策について、

  • オーブンシートの代用は何がおすすめ?
  • クッキン(キッチン)グシートと何が違うの?
  • まとめ

といった項目順に記事をまとめました。

スポンサードリンク

オーブンシートの代用は何がおすすめ?

クッキーやパンをオーブンで焼くとき、一般には、

  • アルミホイル
  • コピー用紙

のいずれかで代用するのが一般的です。

アルミホイル

オーブンシートの代用で、最も多く活用されているのは、アルミホイルです。

 

そもそも昔は、オーブンシートなんてシャレたものはなく、オーブンでお菓子を焼く時は、アルミホイルが使用されるのが通常でした。

 

昭和の時代を生きた主婦の中には、今でも、

 

えっ?オーブンシートって何?

 

って方も多く、当たり前のようにアルミホイルを使用しています。

 

なので、オーブシートがなくても、慌てて買い急ぐ必要はありません。アルミホイルで代用しちゃいましょう。

 

ただし、アルミホイルはあくまでも代用であるため、本家のオーブンシートよりもくっつきやすいです。

 

なので、アルミホイルで代用する場合、アルミにうす~く油(あるいはバター)を塗っておくことをおすすめします。よりパンやクッキーがはがれやすくなります。

コピー用紙

オーブンシートの代用といえば、アルミホイルが定番でした。

スポンサードリンク

 

しかし、最近は、アルミホイルではなく、コピー用紙で代用するパターンも増えてきているようです。

PCの普及により、コピー用紙が置いてある家庭も今時珍しくないですからね。

 

いろいろ調べてみたところ、代用率に関しては、アルミホイルとほとんど変わらないように思います。

いずれの代用品もない場合

アルミホイルもコピー用紙もない場合は、天板に、バターやサラダ油を薄くぬるだけでもある程度の対応にはなるようです。覚えておきましょう。

クッキング(キッチン)シートと何が違うの?

基本的には同じ目的を果たすものらしいです。つまり食材が天板にひっつくのを防ぎます。

 

ただ、どちらかといえば、オーブンシートと名を打って販売されているもののほうが、くっつきにくさにおいて効果が高いようです。

 

魚を焼く時に、クッキングペーパーを使用したら、天板にくっついて取れなくなったという報告もあります。

 

とはいえ、世間一般的には、両者はほぼ同一のものとして扱われているようです。まあ、オーブンシートのほうが、よりオーブンに特化した敷物なのかなとは思います。

まとめ

パンを焼く時、クッキーを焼く時、オーブンシートがない?そんな場合は、

 

アルミホイル、あるいは、コピー用紙で代用しましょう。

 

代用する際は、アルミやコピー用紙にうす~くサラダ油やバターを塗っておくと、より高い効果を得られます。

 

また、アルミホイル(又はコピー用紙)がない場合は、天板にサラダ油やバターをうすく塗ることで対処することも可能です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ