フィナンシェの型がない!他で代用OK?賞味期限(日持ち)は?


フランスの焼き菓子であるフィナンシェについて、

  • フィナンシェの型は代用できる?
  • フィナンシェの賞味期限(日持ち)
  • フィナンシェとマドレーヌの違い

といった項目順に記事をまとめました。

スポンサードリンク

フィナンシェの型は代用できる?

フィナンシェの型がない!

 

そんな場合に代用可能な型として、真っ先に候補に挙がるのは、

 

マドレーヌの型、です。

 

実際に、皆さん、フィナンシェを焼く時は、マドレーヌの型で代用されているパターンが多いようです。

間違いなく、マドレーヌで代用される場合が一番多いのですが、

 

当然、マドレーヌの型でなければいけないという理由はなく、その他のパターンもあります。

調べてみると、以下の方法がありました。

  • アルミホイル(アルミのカップ)で代用
  • ミニパウンドの型で代用
  • 紙コップを底が浅めになるように切ったものを代用

皆さん、色々工夫されているようです。

 

いずれも100円ショップで購入できるものなので、簡単に手に入れることができます。

 

あるいは、購入せずとも、厚紙を使って型を手作り(工作)することをオススメしている人もいました。

 

用意した厚紙を帯状に切り、輪っかのように(ホッチキスで)つなぎ合わせます。

 

あとは、アルミホイルで外壁を包み、底にもアルミを敷けば、手作り型の出来上がりです。

スポンサードリンク

 

もちろん、丸型にしなくとも、長方形や正方形、星型など、好みの型にアレンジすることも可能。

 

子供と一緒に焼き菓子を手作りする場合には、型も工作したほうが、楽しいかもしれません。また、一種の教育にも繋がるでしょう。

フィナンシェの賞味期限(日持ち)

フィナンシェ(手作り)の賞味期限は、常温で3日~4日程度とされています。なので、日持ち具合は、一般の焼き菓子と変わらないかと思います。

 

味は落ちますが、冷凍保存も可能。

 

1個づつラップに包み、フリージングパックに個分けにして入れます。

 

冷凍にすると、2、3週間が目安かと。

フィナンシェとマドレーヌの違い

前述のように、フィナンシェの型の代用として、マドレーヌの型が利用されることが多いわけだが、

 

そもそも、フィナンシェとマドレーヌの違いって何なのだろうか?

形が違う

フィナンシェの形は、四角、主に長方形が基本だ。

 

金の延棒をイメージしたもの、それがフィナンシェだからだ。

 

一方で、マドレーヌは形が貝型、花形など、華やかな形をしているのが基本だ。

 

フランスの焼き菓子という点では共通するが、形が四角系と丸型系ということで、違いがある。

 

その意味で、フィナンシェの型の代用として、マドレーヌの型を利用するというのは、ある意味オキテ破りではりますね(笑)

材料の違い

焼き菓子なので、基本は同じなのですが、

 

両者の最も大きな違いは、フィナンシェが卵白を使用するのに対して、マドレーヌ卵黄を使います。

 

卵黄を使ったほうが、生地が膨らみにくく、つまり形が崩れにくくなるという特徴があります。

 

マドレーヌは、フィナンシェとくらべて、貝や花など、複雑な形に仕上げる必要があります。つまり、材料に崩れにくい卵黄を使う必要があるのです。

まとめ

フィナンシェの型の代用は、マドレーヌのもので代用OK!

 

賞味期限は3日~4日程度。

 

フィナンシェとマドレーヌの違いは、マドレーヌのほうが形が複雑。複雑ゆえ、崩れにくくするため、材料に卵黄を使用する。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ