マスカルポーネの代用品はクリームチーズ?両者の違いと食べ方を紹介


料理本に「マスカルポーネ、~グラム」と書いてあったんだけど…

 

マスカルポーネなんて近所に売ってないよー、っていうことがあるかと思います。

 

マスカルポーネはイタリアではメジャーなチーズですが、日本ではまだまだマイナーな存在。

 

とゆーわけで、

  • マスカルポーネの代用
  • マスカルポーネとクリームチーズの違い
  • マスカルポーネの食べ方

といった項目順に記事をまとめました。

スポンサードリンク

マスカルポーネの代用

マスカルポーネは他のチーズで代用できるか?ですが、

 

これは全くもって代用可能です。

 

マスカルポーネはチーズの一種ですので、チーズである限り、他のものでも代用可能というのが基本的なスタンスです。

 

マスカルポーネ代用の代表格といえば、真っ先におすすめするのが、

 

クリームチーズです。

 

(2番手候補としては、リコッタチーズあたりでしょうか)

 

クリームチーズはマスカルポーネに一番近い特徴を持っていますので、実際に、クリームチーズが代用される事は多いです。

なので、

 

マスカルポーネなんて、シャレたもんなんか、田舎のスーパーには売ってねーよ!

 

っていう地方在住の方は、自信を持ってクリームチーズで代用してOKです。

 

ティラミスやチーズケーキを作る際、

 

料理本にマスカルポーネが基本材料として記載されていることがあるかもしれませんが、そういった場合は、クリームチーズで対応しましょう。

 

では、クリームチーズで代用した場合、マスカルポーネを使った場合に比較して、出来上がりの味に何か違いは生じるのでしょうか?

マスカルポーネとクリームチーズの違い

マスカルポーネとクリームチーズの違いを語るにあたって、

 

まずは、マスカルポーネとはいったい何ぞや?マスカルポーネの特徴をチェックしましょう。

マスカルポーネの特徴

マスカルポーネの味の特徴は、ズバリ、生クリームに近いということです。

 

クリームチーズのほうが、「クリーム」というだけあって、生クリームに近い感じもします。

 

しかし、マスカルポーネはそれよりも、さらに生クリームに近い存在です。

 

乳脂肪分が多く、熟成させないことから、チーズの特徴でもある塩分や酸味が控えめ。それでいて、濃厚かつコクがあるというのがマスカルポーネです。

スポンサードリンク

 

そもそもが、チーズというより、クリームよりの産物といえるでしょう。

マスカルポーネとクリームチーズの違い

クリームチーズを食べたことがある人は分かると思いますが、確かに、クリーミィーではありますが、

 

それであっても、やっぱり塩分や酸味は舌に残ります。特に、酸味がそれなりに強いのがクリームチーズなのかなと。

 

マスカルポーネは、舌に酸味を感じず、甘く、軽く、爽やかです。

 

例えば、ティラミスを作るとして、マスカルポーネを使用すれば、チーズっぽさから離れ、逆に、クリームチーズで代用すれば、チーズっぽさが強くなるということです。

 

マスカルポーネはデザートに特化したチーズといえるので、クリームチーズのほうが応用範囲は広いでしょうね。

マスカルポーネの食べ方

前述のように、マスカルポーネは、チーズというより(砂糖なしの)生クリームに近い存在です。

 

なので、自ずと、マスカルポーネの食べ方は生クリームの食べ方に近くなります。

 

逆に、クラッカーに乗せて食べるなど、チーズの王道的な食べ方には向かなかったりします。

 

有名な組み合わせとしては、シナモンでしょうか。パンにマスカルポーネを塗り、シナモンをふって軽くトーストするというのが、メジャーかつ人気の食べ方。

 

マスカルポーネ単体だと、味が淡白過ぎるので、そこにシナモンをふることで、コクと甘味がいい感じで引き立つのです。

シナモンの他では、ハチミツがおすすめです。

 

あんことマスカルポーネがめっちゃ合う!といった声もありました。

まとめ

・マスカルポーネの代用はクリームチーズでOK

 

・マスカルポーネとクリームチーズの違いは、よりクリームに近いのがマスカルポーネ

 

・マスカルポーネは生クリームの食べ方を応用させるのが基本

 

以上、マスカルポーネについての記事でした。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ