ベイクドチーズケーキが生焼して失敗?日持ち(賞味期限)もチェック

ベイクドチーズケーキが失敗!?

ベイクドチーズケーキは、チーズケーキ作りの中でも比較的簡単な部類に入ります。

 

作ってみたけど、水っぽい、パンみたいにぼそぼそするといった失敗例もありますが、

(以下で説明する生焼けの例を除けば)だいたいが、分量を適当に計る、かき混ぜにかける時間が足りないなど、

 

教科書の指示に従わなかったために失敗に終わったケースがほとんどです。

ベイクドチーズケーキは、賞味期限の点においても、レアチーズケーキと比べれば日持ちします。その意味でも手軽なお菓子作りといっていいでしょう。

 

今回は、ベイクドチーズケーキをテーマに

  • 生焼けしてしまう原因
  • ベイクドチーズケーキの日持ち(賞味期限)

といった項目順に記事をまとめました。

スポンサードリンク

生焼けしてしまう原因

ベイクドチーズケーキで最も多い失敗例が、生焼けです。

 

見た目は美味しそうな仕上がりに焼きあがったものの、実際に食べてみたら、中身は生焼けで

 

なんか違う、ベイクドーズケーキっていうよりレアチーズケーキだ…というパターンです。


この生焼けになる理由ですが、ほとんんどが、オーブンの温度に原因があります。

 

初心者が失敗してしまう、ありがちな例として、オーブンに余熱を持たせるのを怠った、というものが考えられます。

 

だいたいの教科書には、オーブンにある程度熱を持たせて、事前に温めておいてから焼き始めましょう、と書いてあるかと思いますが、

 

この工程を省いてしまうと、火が上手く通らず生焼けの原因になります。

 

しかし、余熱の工程を経たにも関わらず、それでも生焼けになったんだよ!っていうパターンもあるかと思います。ってゆーか、むしろ、そちらのパターンのほうが多いでしょう。

スポンサードリンク

 

ただ、この場合も、やはりオーブンに生焼けの原因があることがほとんどです。

 

実は、オーブンという調理具は、クセのある機械でして、

 

同じ機械で、同じ温度設定にしたからといって、同じ焼き加減になるわけではありません。

 

180度と設定したつもりであっても、機械によっては、180度よりも低温である可能性があるのです。

 

で、このオーブンのクセを掴むためには、

 

実際に、いくつか焼いてみて、一番ベストな焼き温度・時間というものを探るしかないのです。

 

元々、お菓子作りとはデリケートな作業で、一発で完成させよう!という意識は捨てたほうが、取り組み方としては正解です。

 

なので、最初から何度か失敗することを見越して、作業に取り掛かるのが正しい、ケーキ作りの方法ともいえるでしょう。

 

自分で食べるものならともかく、バレンタインなど他人に渡すものであれば、前日から作業に取り掛かるのではなく、もう少し前もってスケジュールを組んだほうがいいと思います。

 

まあ、生焼けになってしまっても、レアチーズケーキとして彼氏に渡せばいいという意見もありますが(笑)

 

あ、ちなみに、オーブンに余熱を持たせてから焼き始めるというのは、焼き菓子作りには共通する部分ですので、お菓子作り初心者の方は、これを機会に覚えておきましょう。

ベイクドチーズケーキの日持ち(賞味期限)

ベイクドチーズケーキの日持ち(賞味期限)は、とても特徴的です。

 

一般に、チーズケーキの賞味期限は2日~3日程度。かつ、できるなら当日に食べたほうが美味しく食べられます。

 

しかし、ベイクドチーズケーキの場合は、少し事情が違います。

 

ベイクドチーズケーキは、チーズケーキの中でもちょっと変わった存在で、作った当日よりも、翌日以降、とわりわけ3日目が一番の食べ頃と言われます。

 

寝かせると、味に深みがでるようです。カレーと同じです。

 

そして、賞味期限も、通常のチーズケーキよりも1日~2日ほど、長く日持ちします。

 

賞味期限4日、食べ頃は3日目と覚えておきましょう。

 

手作りのベイクドチーズケーキをプレゼントする場合は、この点も考慮に入れてスケジュールを組むといいです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ