ウインクのコツ/失敗しないやり方と練習方法を紹介!

ウインクが上手に出来なくて、困っている方のために、

 

練習のやり方やコツのようなものがないか、調べてみました。

 

結論からいうと、

 

ウインクのコツは技術よりも意識にあるといった感じです。

 

あるちょっとした意識を変えるだけ。それだけで、かなりまともな動作が可能になったので、ここで紹介します。

 

  • ウインク/上手なやり方とコツ
  • ウインクの練習方法
  • ウインクが難しい理由

 

といった項目順に記事をまとめました。

スポンサードリンク

ウインク/上手なやり方のコツ

ウインクを上手にするコツは、

 

ウインクに対する間違った認識を改めることにあります。

 

ウインクが苦手な人は、

 

片目をパチクリと小気味よく閉じる!

 

といったイメージを持っているかもしれません。

 

しかし、ウインクが得意な人というのは、実は、これとは逆のことを意識していることが多いのです。

 

すなわち、

 

いかに上手に片目を閉じるかではなくて、

 

いかに上手に片目を開けたままにしておくことができるか、

 

ここを意識して、ウインクをすることがコツなのです。

%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%af%e3%80%80batakuso

 

例えば、

 

左目を閉じようとする時、左目ばかりに意識がいくと、右目も同時に閉じようとしてしまいます。

 

結果、ウインクというよりは、単なるしかめっ面になってしまいます。

 

正しい感覚はこうです。

 

左目を閉じようとした次の瞬間に、右目を開こうという感覚。

 

左目を閉じるのと右目を開くのを同時に行うといったイメージでもいいかもしれません。

スポンサードリンク

ウインクの練習方法

前述の通り、

 

ウインクは閉じる目よりも、

 

開く目(開いたままにしておく目)の扱いが上手くなることがコツです。

 

なので、練習もそういったことを意識して行う必要があります。

 

なので、両目を開いた状態で、片目を閉じるという行為を繰り返すよりも、

 

むしろ、その逆で、

 

両目を閉じたまま状態から、片目だけ開く練習を繰り返したほうが上達が早いです。

 

なので、

 

両目を閉じる➔片目を開ける

 

この動作をひたすら繰り返しましょう。ウインクキラーになれる日は近いです。

 

もう一つ練習のやり方としては、

 

まばたき交互にするというやり方があります。

 

但し、単にまばたきを繰り返していても上達はしません。

 

やはりここでも

 

閉じるほうの目ではなくて、開く目のほうを意識(いかに閉じないで、開けたままにしておけるか)して、

 

まばたきを繰り返すのがコツです。

 

こちらの動画。ウインクのコツを掴むにはあまり参考に…ですが。ただ、二人を見ていると思わず笑ってしまいます。何故か癒やされます。

ウインクが難しい理由

人間の体は、右手を上げたからといって、左手が同時に上がるようにはできていません。

 

右と左は、全く別の生き物であるかのように、別々に動くのが基本的な、人間の体の仕組みです。

 

にもかかわらず、

 

なぜ、目だけは、左目を閉じると、シンクロするように、右目も閉じてしまうのか?

 

それは、脳の機能に秘密があるようです。

 

すなわち、人間の脳は、顔から上半分に対しては、右と左に分けて動けという命令を下せないように出来ているのです。

 

脳➔目を閉じろ

脳➔目を開けろ

 

このパターンの命令は出せても、

 

脳➔右目を閉じろ

脳➔左目を開けろ

 

こういうった命令は同時にできないようになっているということです。

 

なぜ、顔半分だけそういった不都合な出来になっているのでしょうか?

 

不思議です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ