薪ストーブの設置費用は?苦情になるって本当?

薪ストーブといえば、

 

アニメやドラマによく登場する、情緒豊かなあのストーブです。

 

ビジュアル的にはかなりインパクトが高いので、

 

来客の際は、かなりの好印象を与えることができるのは間違いないです。

 

ゆらゆらと揺れる炎、パチパチと弾く薪の音

 

おおおおおおお、すげーーーー

 

って、成らざるを得ないです。

 

とはいえ、

 

この薪ストーブ。

設置経験者の声を参考にすると、予想外の出費がかさむことが多く、

 

また、利用の仕方によっては近隣の苦情になることも…

 

とゆーわけで、

 

今回は、薪ストーブをテーマに

 

  • 薪ストーブの設置費用
  • 苦情に注意!

 

といった項目順に記事をまとめました。

スポンサードリンク

薪ストーブの設置費用

薪ストーブの購入から設置までの流れは、

 

大まかに分けて、

 

  • ①ストーブ本体の購入
  • ②付属部品(主に煙突)の購入
  • ③本体(及び煙突の)設置工事

 

に分類できます。

 

そして、

 

設置費用は?ということですが、

 

①~③の各費用の相場は以下のようになっています。

 

概ね、皆さん100万円以上はかかっているようです。

①ストーブ本体の購入

10万~60万

 

安いものは、10万~20万程度で購入できます。

(ホームセンターでは10万円前後の価格帯のものもあり)

 

が、見た目はいかにも「簡易」って感じのものになるので、

 

アニメやドラマに登場するような、ビジュアル・デザインをしたものを設置したいのであれば、

 

40万程度の支出は覚悟しておいたいいです。

②付属部品(主に煙突)の購入

50万~70万

 

本体とは別に備え付け部品にお金がかかります。

 

主に煙突です。

 

基本的に本数が多いほど費用は高くなりますが、

スポンサードリンク

 

必要になる設置本数は、建物のどの階層に本体を設置するかや、あなたがお住いの建物の構造によります。

 

(一般に、新築物件に設置するのに比べて、途中から付け足す形での設置は費用がかさむ傾向にあります)

 

煙突選びは薪ストーブを設置するにあたって重要なポイント。

 

本体とは違い、煙突の取替は手間と費用がかかるため、最初から性能が良く長持ちするものを選んだほうがいいみたいだ。

③本体(及び煙突)の設置工事

本体と部品を購入して、

 

自分で建物に設置するといった(いわゆるDIY)ことは難しいので、

 

設置は業者におまかせすることになるのが通常。

 

そうすると、当然設置費用といったものがかかります。

 

設置する階層、建物の構造によって、設置費用も異なってきます。

 

30万~40万

 

仮に、ホームセンター等で、本体を低価格のもの(10万円とか)を選んでも、設置工事費用は必要になるので注意。

 

他に、設置費用とは異なるが、

 

薪ストーブの利用には当然のことながら、薪が必要になります。

 

木の素材にもよりますが、この薪の費用もバカにならないようなので、その部分の出費と手間も事前に考慮に入れておいたほうがいいでしょう。

この動画の薪ストーブはカッコイイ。

 

使い方も丁寧に解説にされています。

苦情に注意!

正直、住宅が密集している場所での、

 

薪ストーブの設置・利用は苦情・クレームになる確率が高いです。

 

着火してから1時間程度は、どす黒くて臭いの強い煙がもうもうと流出しますので…

 

具体的なトラブルまでには至らなくても、

 

裏で、迷惑をかけている可能性が高いと思ったほうがいいです。

周囲に建物のない田舎環境でない限り、

 

薪ストーブの設置はよくよく考えての導入にしたほうがいいでしょう。

 

あるいは、利用するにしても、利用時間帯には注意を払ったほうがいいのは間違いないです。

 

声に出しての苦情はなくとも、心のつぶやきでの苦情はそれなりに多い模様。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ