年越しを海外で?私のおすすめランキング!安いとこは?


学生もOK!年越しに最適で安い旅行先って?

最近は、年越しを海外で過ごす方も増えてきました。

 

グアムやハワイでの年越しは既に経験ずみの方もいるかと思います。

 

そこで、今回は、

 

あえて、少し王道から外したところで、

 

でも、年越しシーズンにはおすすめだよーっていう旅行先を、

 

私なりに選んでみました。

 

海外で年越し=ゆっくり過ごす

 

ということで、

 

静かに過ごせるという観点を重視してランキングにしています。

スポンサードリンク

海外で年越し!私のおすすめ・ランキングBEST3

3位:トリニダード&トバゴ

トリニダード&トバゴに限らず、

 

カリブのエリアは、

 

1月~3月が訪れるのにベストのシーズンとされています。

 

元旦はバスが運休ということで、旅行者にとっては少々痛いです。

 

現地の人にとっては、トリニダードとトバゴは別の国という意識が強いらしい。

 

海はトバゴのほうが綺麗だとの情報が入っております。

 

ヨーロピアンな建築物が多く、実際に行ってみたら、(いい意味で)イメージをと違っていたという人が多い。

%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%89%e3%80%80%e5%b9%b4%e8%b6%8a%e3%81%97

画像引用元
http://4travel.jp/travelogue/10966566

 

但し、食べ物はカリブらしく、

 

鮫バーガーが人気。

 

カーニバル時期はものすごい人で溢れかえりますが、

 

大晦日・正月は、カーニバルは未だと思わるので、街はおそらく静かです。

 

街に誰も人がいねー、といったのんびりとした雰囲気を味わえます。

 

ちなみに、カーニバル旅行者も参加できますが、動きがかなり激しく、体力の消耗がハンパないみたいです。

スポンサードリンク

2位:バルセロナ(スペイン)

人口が180万人に対して、観光客・旅行客が700万にという、

 

どんだけ集客力あんだよーって驚くばかり。

 

一度は、行ってみたい自由の街、バルセロナ。

 

ビーチと街が上手く融合した、世界を代表する港街です。

 

決して旅費は安いとはいえませんが、一度は行っておいて損はないでしょう。

 

私的には、バルセロナは旅行で訪れたいというより、実際に住んでみたいというイメージがあります。

 

ある意味、年中、年越し気分を味わえそうというか、そこにいるだけで、時間という概念がふっとびそうです。

 

まさに、竜宮城。

 

気候が温暖なので、12月でもビーチは人で一杯です。

 

冬なのに夏休み!です。

(但し、海水は冷たいので、泳いでいる人は稀です)

 

また、港街であるゆえ、

 

食べ物・料理の美味しさも群を抜いています

 

市場で食材を買い込み、正月料理をこさえ、ホテルで、ビーチで、食事とゆったりとした空気を味わう。

 

海外での年越しの過ごし方としては、120点ではないでしょうか。

1位:ナンユアン島(タイ)

タイの島々の中でも最も美しいとされるナンユアン島。

 

入場料を取る、ペットボトルや缶のの持ち込みを禁止するなど、

 

キレイな海を守るために、自然保護が徹底されている。

 

宿泊は可能だが、食事施設はほとんど用意されていない。

 

人口施設が乏しい分、

 

自然の恵みオンリーで勝負といった側面があり、

 

ビーチには色とりどりのサンゴ、たくさんの種類の魚が泳ぐなど、

 

年越しをゆっくり過ごすという意味では、最適な島であると判断した。

 

もう少し、派手に遊びたいという場合は、近くのパンガン島に出かけてもいい。

 

一つの島にこだわらず、複数の島から島へと移動することで、気分によって、旅行スタイルをカスタマイズできる。

 

アジアのため、比較的安く海外にいけるスポットでもあり、社会人のみならず、大学生にもおすすめです。

 

個人的にはバルセロナが一押しなんですが、

 

安いということで選ぶと、やっぱりタイの離島になるかなーと。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ