卒業証書の書き方/文例や文面を紹介/再発行ってできる?


卒業証書は一生に一枚しか発行されません。

 

再発行はされません(詳細は後述)。

 

なので、卒業証書を渡すほうは、なるべく慎重に文面を考えましょう。

 

渡されたほうは紛失しないように、大切に管理しましょう。

 

とゆーわけで、

 

卒業証書をテーマに、

  • 卒業証書の文例・文面のサンプル
  • 卒業証書の書き方
  • 再発行ってできる?

といった項目順に記事をまとめました。

スポンサードリンク

卒業証書の文例・文面のサンプル

 

実際に存在する卒業証書を参考に、いくつかの文例サンプルを用意しました。

 

文面は、どれも似ているようで微妙に違います。

 

年号が西暦のもの和暦のもの

 

名前の下に、~殿と記載あるもの無いもの

 

文例・文面のパターンは意外にいろいろあります。

 

ちなみに、「過程」と「課程」は字が似ていて間違いやすいので注意しましょう。

 

モデル1

卒業証書

◯◯◯◯殿

あなたは中学校の課程を終了したのでこれを証します。

平成◯年◯月◯日

~中学校 □□□□+印鑑

モデル2

卒証書書

◯◯◯◯殿

平成◯年◯月◯日生まれ

右は本校の全過程を終了したことを証する

平成◯年◯月◯日

~小学校長 

□□□□+印鑑

第◯◯◯◯号

モデル3

卒業証書

◯◯◯◯

平成◯年◯月◯日生まれ

右の者本校所定の土木工学科の課程を履修したことを証する

平成◯年◯月◯日

~専門学校長 □□□□+印鑑

第◯◯◯◯号

モデル4

学位記

◯◯◯◯

20☓☓年◯月◯日生まれ

本学大学院法学研究科法学政治専攻の博士課程を終了したので博士(法学)の学位を授与する

スポンサードリンク

平成◯◯年◯月◯日

ーーー大学+大学印

モデル5

卒業証書

学位記

学校印

本学◯◯学部◯◯コース所定の課程を修めて本学を卒業したことを認め学士の学位を授与する

平成◯年◯月◯日

ーーー学校長 □□□□+印鑑

第◯◯◯◯号

卒業証書の書き方

書き方については、

 

手書きで書ければベスト!

 

…ですが、実際は外注でおまかせするのが通常かと思います。

 

文面をPCに打ち込んで送信すれば、

 

その内容通りの卒業証書を作ってくれるサービスもあります。

再発行ってできる?

卒業証書そのものの再発行認められないのが通常です。

 

通常は、数百円程度の手数料を払うことで、

 

卒業証明書(卒業したことを証明する紙)なるものが発行されます。

 

卒業証明書が発行されれば、

 

就職あるいは何らかの手続きで、卒業証書を求められたとしても、それで事足ります。

 

なので、卒業証書を紛失してしまったとしても、

 

具体的な損害が発生するというのは心配しなくていいことがほとんど。

 

が…原本そのものは二度と発行されないので、

(仮に似たものは発行されるとしても、そこには「再発行」である旨が分かることのスタンプが押されます)

 

思い出の一アイテムを失ってしまうという、、残念なことにはなります。

 

卒業証書とは違いますが、

 

私の友人で、7年かけて合格した国家試験の合格証書を紛失してしまった人がいます。

 

やはり代替になる証明書を発行してもらい事無きをえたそう。

 

あんな大事なものを失くしてしまうなんてと、

 

自己管理能力の無さに自己嫌悪していましたが(笑)

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ