桜 花びらの枚数と折り紙についてレポート

桜-花びらの枚数は自由?

桜の花びらの枚数ですが

五枚を基本として
品種によっては百枚を超えるものもあります。

桜は園芸種として、
品種改良のされたものが多いの特徴、

そのため

品種に応じて、
花びらの数も様々であることになります。

ただ、

日本で最もポピュラーな一重桜である
ソメイヨシノは五枚であるため、

桜の花びらは5枚とするのが
通常の扱いではないでしょうか。

桜花びら ばたくそフリー

中には、ソメイヨシノ(一重桜)であっても
五枚ではなく、四枚のものが見られることがあるとか。

ただ、

花びらが通常のものよりも
一枚少なかったり、多かったりするのは、

桜に限らず、
他の花でもよくあることみたいです。

花びらの枚数が違うのはよくあること?

例えば、

クリスマスローズ
花びらは五枚が基本であるところ、

栽培の過程で、
四枚六枚あるものが見られたりして
花の世界ではそこまで驚くことではないようです。

特に桜については、
観賞用として遙か昔から
幾度も品種改良が加えられてきた花木です。

それゆえ、

もはや何が通常とは言い切れないほど
その形・匂い・色につき
バリエーションに飛ぶ傾向があるかもしれませんね。

世の中にある花びらは何故に五枚が多い?

桜に限らず、花びらは五枚であることが多いです。

スポンサードリンク

桜と似ている花として、
もありますが、いずれも五枚です。

なぜ花びらは五枚が多いのか?

この疑問に関しては、
今のところ明確な答えがないようです。

いろいろな見解があるみたいですね。

【簡単】折り紙でできる、桜の花びら

折り紙で作る桜の花びらは

子供でもできる簡単なものから、
技術を要する難易度の高いものまで様々。

ただ、ハサミノリは必要になるみたいですね。

折り紙の花びらも五枚の作品が多いです。

しかし、

これまで述べた通り、
桜の花びらは自由で様々な面があるので、

折り紙を使って、
あなた自身の手による
オリジナルな桜の花びらを創作してみるのも
面白いのではないでしょうか。

折り紙は日本発祥の文化でない?

桜=日本の文化

みたいなイメージがありますが、

折り紙の発祥地については、
これまた花びらの枚数と同じく
明確な答えはなく、

日本ドイツかのいずれかという意見が多いようです。

ただ、

折り紙が古くから
幼児教育に用いらていたという点では
共通するようです。

日本では明治の時期に、
図画工作教育の一環として
折り紙が取りいれられたみたいです。

一方、

ドイツでは
折り紙と数学の授業をシンクロさせていたとか。

折り紙と数学とは、
何ともオシャレですね。

折り紙を用いた教育は
今後も根強く受け継がれていきそうな感じがします。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ