キックベースの蹴り方/遠くに飛ばすコツは?ルールの基本も紹介!

キックベースでは、遠くにボールを飛ばせる人がヒーローです!

 

キックベースで活躍してクラスの人気者にのし上がりたいのなら、

 

遠くに飛ばすためのボールの蹴り方とコツを学びましょう。

 

とゆーわけで、

 

キックベースをテーマに、

 

  • キックベースのルール
  • キックベースの正しい蹴り方は?
  • ボールを遠くに飛ばすコツは?

 

といった項目順に記事をまとめました。

スポンサードリンク

キックベースのルール

ルールといっても、特別なことはなく

 

野球とほぼ同じ(と私は思っていた)。

 

キックベースの基本的なルールは以下の通り。

野球とルールは似ている。投手はボールを投げるのではなく転がし、打者はこれを蹴って、野球で言う所のバッティングとするルールもあれば、投手が存在せず、打者が予め本塁に置かれたボールを蹴るといったルールもあるなど、地方によってさまざまなルールが存在する。

引用元  ウィキペディア

投手が存在しないルールが採用される地域があったとは驚きです。

 

てっきり投手は必要不可欠かと思っていました(投手はいたほうが絶対に面白いと思う)。

 

ベースも一塁、二塁、三塁と野球と同じように配置されるのが当然かと思いきや、

 

二塁がなく、一塁・三塁のみといったルールも存在するようです(何で二塁を抜いた?)。

キックベースの様子よりも、

 

とにかくキレイな青空さんに驚く動画です。壁画みたいな青空!!!

キックベースの正しい蹴り方は?

キックベースの正しい蹴り方は?と問われれば、

 

状況(相手の守備陣形や出塁ランナーの位置)によって、蹴り方を変えるのがベスト、というのが答えです。

 

一口にボールを蹴るといっても、

 

ボールに当てる足の位置や蹴る角度など様々な要素があり、

 

それによってボールの飛距離や軌道も異なります。

 

とはいえ、

 

キックベースは、基本的には(言い方は悪いですが)子供の遊びです。

 

そして、子供の世界では、

 

ボールをできる限り遠くに飛ばせたほうが勝ち

 

飛距離を大きく伸ばせる奴こそがスターなのです!

 

とゆーことは、

 

キックベースにおける正しい蹴り方=飛距離の出る蹴り方

スポンサードリンク

 

と考えてもいいでしょう。

 

もちろん、もっと高いレベルにいくと、

 

狙った位置に正確にボールを飛ばすなどの技術も必要になってくるかと思いますが、

 

まずは、初めてキックベースを経験する子供向けに、ということで御了承ください。

 

遠くに飛ばせたほうが、やっていて楽しいですしねー。

ボールを遠くに飛ばすコツは?

ボールを遠くに飛ばすにふさわしい蹴り方といえば、

 

インステップキック

 

この蹴り方になるかと思います。

 

足の甲(足の一番硬い部分)で蹴るので、蹴る時のインパクトが強くなり、飛距離を稼げるのです。

 

まず大事なことは、

 

ボールの「真ん中」に足の「甲」を当てる

 

というイメージをしっかり持つことです。

 

ボールのどこに、足のどの部分を当てるのか、ここは基本事項なので、何よりも優先して頭に入れましょう。

 

ゴルフのスイングでは、クラブとボールから最後まで目を離さないことが大事とされますが、

 

それと同じで、インステップキックも、自分の足とボールの中心を最後までしっかり見据えたまま、蹴ることが大事です。

 

とりあえず、

 

助走する。

ボールの真ん中を足の甲で蹴る。

(蹴る、というより「叩く」といった感覚を持つことが上手くなるコツです)

目は足から離さない。

 

この一連の流れを掴むことから始めます。

 

慣れてきたら、以下のポイントも追加して意識するようにしましょう。

 

助走するときは、

 

真っ直ぐではなく、斜め(45度くらい)からボールに入るほうが蹴りやすいです。

 

真っ直ぐ転がってきたボールに対して、真っ直ぐ向かって蹴り抜くのは蹴りにくさを感じるため、多くの人は斜めから入ったほうが、やりやすいです。

 

蹴る瞬間は、足首を固定したまま(力を入れたまま)にする。

 

足首がふらふらしていると、ボールに伝わるインパクトが弱くなるので、遠くに飛びません。

 

足の甲にボールが当たった後は、そこで動きを止めずに、勢いそのままに、しっかりと足を振り抜きます。

 

インステップキックは、

 

狙った位置に正確にボールを飛ばすという意味では、

 

不向き(というか難易度が高い)な蹴り方ですが、とりあえず遠くまで飛ばしてキック力に自信を持ちたい!

 

といったお子様にはオススメです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ