ディズニーで年越し/チケットの倍率は?アトラクションはどーなる?

例年、年末になると、

 

女子が憧れる最高の年越しの過ごし方は?

 

といったテーマが議論されます。

 

そして、もはや殿堂入りといってもいいくらい、

 

毎年必ず上位にランクインするのが、

 

彼氏とディズニーで過ごす!というもの。

 

年越しの過ごし方/カップルはどう過ごすべき?友達同士は?

 

 

実際に、ディズニーで年越しをするためには、

 

かなりの倍率をくぐり抜けないと(あるいは大金を積む)、難しいのですが、

 

今回は、

 

ディズニーを年越しで過ごす!をテーマに

 

  • 年越しチケットの倍率は?
  • 年越しのアトラクションは違う?

 

といった項目順に記事をまとめました。

スポンサードリンク

年越しチケットの倍率は?

年越しをディズニーで過ごしたいと思ったら、

 

年越し専用のチケットをGETする必要があります。

 

その専用のチケットは、ニューイヤーズ・イヴ・パスポートと言い、

 

一筋縄では手に入れることのできないチケットとなっています。

 

(宿泊付きではなく)チケット単独の購入は、郵便はがきやインターネットを経由して申し込むのが一般的なルートです。

 

応募期間は、毎年、8月中旬から9月後半あたり。

 

なので早い時期から動く必要があります。

 

そして、

 

気になるその倍率は、7倍~10倍とされています。

 

が、本当のところの倍率はワカンナイです。

 

8倍(12%)という報告が最も多いものの、その根拠は今のところ不明…

 

ただ、最近は、以前に比べれば当選するのが簡単になった(人気のカウントダウンパレードが廃止になったことが理由と言われている)と噂されています

年越しは無理でも、大晦日・正月は狙える?

*クリックすると拡大します

%e5%b9%b4%e8%b6%8a%e3%81%97%e3%80%80%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%ba%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%80%80%e3%83%81%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88

画像引用元
https://reserve.tokyodisneyresort.jp/newYearsEve/

ニューイヤーズ・イヴ・パスポートは、そう簡単に入手することはできません。

 

しかし、

 

倍率の高いニューイヤーズ・イヴ・パスポートは、

 

あくまで年越し(大晦日の夜~元旦の朝)の時間帯をディズニーで過ごすためのものです。

スポンサードリンク

 

どうしても、大晦日、正月をディズニーで過ごそうと思えば、年越し時間帯以外を狙えばいいのです。

 

 

31日は午前8時~午後6時まで

 

元旦は午後9時~午後10時まで

 

通常営業をしています。

 

で、この通常営業時間帯のチケットは、

 

一応、当日券も販売されます。

 

一応としたのは、即完売してしまう可能性が高く、必ず購入できるわけではないから。

 

ちなみに、正月二日ともなると、普段と変わらないレベルでチケットを購入できるようです。

 

年越しのアトラクションは違う?

年越し時のアトラクションは、通常営業時間帯のものと何か違うのか?

 

というと、特別な違いはありません

 

しいていうと、いつものと違う時間、いつもと違う雰囲気の園内を味わうことができる

 

というのが普段との違いといえるでしょう。

 

新年を迎えての午前1時以降は、

 

ランドとシーを自由に行き来できるので、それによりまた雰囲気も違ってくると思います。

 

以前は、カウントダウンパレードという、

 

年越し専用のパレードが行われていましたが、現在は廃止になっているようです。

 

また、アトラクションではないですが、

 

年越しのカウントダウンを、園内にいる全員で蛍の光を合唱しながら迎える、

 

0時なると花火がバババーン!

 

といったイベントが盛り上がるみたいです。

ディズニーランドで、参加者全員でペンライトをかざす光景は感動ものらしい。

(ペンライトは入場するタイミングで手渡されます)

 

 

あと、フードに関していうと、ディズニー園内で年越しそばお雑煮が販売されます。

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%ba%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%80%80%e5%b9%b4%e8%b6%8a%e3%81%97%e3%81%9d%e3%81%b0

画像引用元
http://junrin105.blog.fc2.com/blog-entry-12.html

 

特に、年越しそばはかなり人気で、ものすごい行列ができるようです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ