ハッピーターンの中毒性に迫る!その由来と粉の作り方は?

ハッピーターンといえば、あの粉。

 

私たちは、知らず知らずのうちに、ハッピーターンのあの粉末に負かされてしまっているようです。

 

近年では、ハッピーターン本体ではなく、

 

粉末のみを求める庶民が急増しているのだとか。

 

ビックリマンシールのシールだけ集めて、お菓子本体を捨てていたあの頃を思い出します。

 

とゆーわけで、

 

ハッピーターンをテーマに

 

  • ハッピーターンの由来
  • ハッピーターンの中毒性に迫る!
  • ハッピーターンの粉の作り方

 

といった項目順に記事をまとめました。

スポンサードリンク

ハッピーターンの由来

ハッピーターンの名前の由来は、当時の経済状況からきています。

 

ハッピーターン(HAPPY TURN)は、

 

(日本に)幸せが戻ってくるように!

 

という願いを込めて名付けられた商品です。

 

逆にいうと、ハッピーターンが開発された当時の日本は、幸せな状況にあるとはいえず、

 

事実、厳しい経済危機を迎えていました。

 

世界的な石油価格の高騰により、日本経済は大打撃を受けていたのです。

(俗にう、オイルショック

 

う~む、経済の動向がお菓子の商品名に影響するなんて、

 

今考えると、昔のお菓子開発者は真面目だったなーって思います。

 

それに比べると

 

じゃがりこ」の由来なんて、

 

むっちゃ、行き当たりばったりですからね。

 

開発者の友人に「りかこ」さんという方がいまして、

 

ある日のこと、その彼女が試作品のお菓子を美味しそうに平らげていました…

 

で、そこからの

 

じゃがいも&りかこ➔「じゃがりこ」

 

ですよ?

 

適当すぎだろ!っていうことなんですが、

 

それが大ヒットに繋がるんだから、世の中わからんです。

 

程よい適当さ、緩さがその時代の空気にマッチしてということなんでしょうか、

 

案外、ヒットしたお菓子のネーミングを分析してみると、

 

その時代の空気、といったものが掴めるのかもしれません。

ハッピーターンの中毒性に迫る!

ハッピーターンに限らず、

 

定番菓子というのは中毒性がハンパない。

スポンサードリンク

 

気づいたらテーブルの上に袋の山ができていた、なんて経験は誰しもしたことがあるはず。

 

で、この中毒性はどこから来るのか?

 

っていうことだが、それはもう単純に、おいしいから、っていうことになる。

 

身も蓋もない結論だが、

 

結局、お菓子の中毒性というのは、よりおいしく食べてもらおうというメーカーのたゆまぬ商品開発の結果である。

 

ハッピーターンでいうと、

 

あの粉(ハッピーパウダー)が、

 

中毒性のポイントであることは間違いなく、

 

亀田製菓はあの粉に社運をかけています!(ややおおげさ?)

 

粉の量や付着の仕方など、

 

毎年、少しづつ変化を加えているようです。

 

定番商品って、変わってないようでいて、

 

実は、その時代の舌に合うように、少しづつ改良が加えられている場合がほとんです。

 

なので、同じ商品でも、

 

30年前に販売されたものと、現在販売されているものを食べ比べると、

 

味が全然違う、ってことはままあります。

 

食生活の変化により、人間の舌の感じ方も変化していくため、

 

変わらぬ美味しさを提供していくためには、商品のほうも変わらざるを得ないのだ。

 

で、ハッピーターンの粉の原材料だが、アミノ酸、塩、砂糖が主で、この調合・配合の仕方に秘密があるよう。

 

この中で、注目するとすれば

 

アミノ酸(正式名称:グルタミン酸ナトリウム)だろうか。

 

アミノ酸には、これはおいしい!と感じるよう脳に働きかける作用があり、

 

しいていえば、

 

このアミノ酸が、「やめられない、止まらない」といった中毒性の一要因になっているのかなと。

ハッピーターンの粉の作り方

ハッピータンの粉の作り方ですが、

 

完全に再現するのは難しくても、およそのものを作るのは、案外簡単だとされています。

 

用意するのは、

 

塩、砂糖、味の素

 

塩1、砂糖4の比率で配合したものに、

 

お好みの味になるまで味の素をちょっとづつ加えていく。

 

これで完成です。

 

作り方としては、かなり簡単なので、是非お試しあれ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ