お内裏様(読み方-おだいりさま)の裏の意味とは?

実は深い、内裏の読み方と意味

最近、この漢字を読めないひとが
割と多いようです

あなたは読めますか?

ダイリ

こう読んだ方は正解です。

一方で、

ウチウラ

こう呼んだ方も正解です。

彼は内裏(=内情)に詳しい
といった使い方をするので。

ただ今回のテーマは

ダイリのほうに関してです。

お内裏様の「内裏」の意味とは?

内裏といえば、

ひな人形の一つに数えられる

お内裏様が真っ先に浮かびます。

ここで、

お内裏様の「内裏」とは、

皇居の古称、つまり、昔の呼び名で、

天皇家のプライベートエリアの事を指します。

そして、

お内裏様と呼べば、それは、

皇居に住まわれる偉い人とういことで、

天皇皇后両陛下、

もっと砕けた表現をすると、

皇居に住まわれるお殿様・お姫様
この両方を表すことになります。

あれっ、

そう思いませんでしたでしょうか?

そうです。

世間のイメージとは違い、

お内裏様とは、
お殿様、お姫様の二人を含む言葉なのです。

なので、(下の写真で)

左の男の人形のほうがお内裏様です、

この言葉遣いは間違いです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここまでくると、

お内裏様とお雛様

この言い回しはその時点で、
おかしいことに気づきます。

さらに言うと、

お雛様

この単語も、お内裏様と同じで
お殿様とお姫様の両者を含む言葉であるようです。

ここでもう1回リピート。

お内裏様とお雛様

スポンサードリンク

もうだいぶ変だってことが分かりますよね。

お内裏様とお雛様=人間と人

こう言ってしまっているのと同じです。

間違ってしまった原因は某有名曲に…

あかりをつけましょ ぼんぼりに

誰もが口ずさんだことのある

『THEひな祭りソング』

そして、

この楽曲の作詞家が、

お殿様=お内裏様
お姫様=お雛様

そう思い込んで誤用してしまった為、
現在のイメージが浸透してしまったとされている。

二番目の出だしから、

お内裏様(ダイリサマ)と おひな様
二人ならんで すまし顔

いきなり出てきます。
本楽曲は4番目まであるのですが、

4番目くらいに出てきた歌詞だったら、
浸透せずに、セーフだったかも(笑)

でも、逆に言えば、

間違っている表現のほうが、
世間に浸透して
今や誰も疑わないのだから、

それだけこの楽曲がスゴイ力を持っている
ってことですよね。

ひな祭りの歌は?

って聞かれても、
この曲以外出てこないですもん。

ひな祭りの歌は日本の父親を語った詩?

子供の頃、この曲を聴いて
何だか寂しいメロディーだなあなんて、

何でだろうって…
若干敬遠していた記憶があります。

ただ、いま聴くと、
この物悲しい曲調の理由が分かります。

この楽曲は、

娘がお嫁にいくことを想像して
作った曲でもあると(個人的には)思うんでんすが、

事実、担当した作詞家も作曲家も男性で、
二人とも実際に娘さんがいたご様子。

実の娘がお嫁にいく様を
想像して作品にすれば、

こういった
めでたくも悲しい感じに仕上がるのは当然かなと。
私が子供の頃は、

そんな当然のことが、
わからなかったですよね…

ひな祭りについては、
実は…だったみたいな話が思いのほか多くて
探ってみるといろいろ楽しいです。

お内裏様(お殿様)に関しては、
その服装と持ち物についても、
興味深いネタがありました。

気になる方は、以下の記事も参照のこと

お内裏様の衣装・持ち物(しゃく)・帽子を徹底解析!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ