下膨れの原因を探して治す!/前髪の処理で問題は解消できる?

下膨れの原因は?

下膨れの原因は、

 

ちびまる子ちゃんのように元々の輪郭が下膨れという人もいますが)

 

表情筋(顎や頬の筋肉)の衰え、

 

むくみからくるもの、

 

単に太って脂肪がついた…

 

など、一口に下膨れ顔といっても、様々な原因が考えられます。

 

この内、単なる肥満(食べ過ぎ)が原因であれば、

 

ある意味解決策は簡単で、ダイエットをひたすら頑張りましょう!ってことで話は終わります。

 

しかし、

 

それ以外2つの原因においては、

 

単なるダイエットでは追いつかず、下膨れに特化した対策をする必要があります。

 

つまり、顔のみに焦点を当てたエキササイズの採用です。

 

年齢による表情筋の衰えからくる下膨れであっても、

 

むくみからくる下膨れであっても、

 

頬の筋肉が、重力に負けて下に下がってしまうという点では共通します。

 

(むくみの原因は、リンパの流れに不具合が生じて発生することにありますが、ここでは詳しいメカニズムは省きます)

スポンサードリンク

そして、この重力に負けてしまった状態を解消するには、

 

世間一般に小顔対策として有効とされるような運動が効くのです。

 

小顔に憧れる女性は多く(とういか全員?)、

 

憧れる人の数だけ、小顔になるための器具やエクササイズの数も星の数といっていいほど世の中には存在します。

 

例えば、

 

ウインクエクササイズ

 

いーうーエクササイズ

 

フグ顔エクササイズ

 

などが代表例ですが、ちょっと調べるだけでも色々でてきます。

 

しかし、様々な人の意見を参考にすると、

 

やはり、コレ!

 

舌回し運動

 

最も効果的との声が目立ちます。

 

舌回し運動

きちんとやると、かなり口の中が辛いことになるみたいですが、まあ、それだけ効いているということでしょう。

下膨れ顔は前髪をどーするべき?

下膨れに似合う髪型ってあるのでしょうか?

スポンサードリンク

 

肥満やむくみなど、一過性のものが原因で下膨れ顔になった人であれば、エクササイズで解消するかもですが、

 

生まれつき下膨れ顔という方は、

 

髪型で何とかするしかない!

 

っていうのが本音でしょう。

 

で、下膨れに合う髪型ですが、

 

実際、下膨れに似合う髪型というテーマで論じていくと、

 

中々、正解に辿り着くのが難しくなります。

 

結局は、下膨れ顔といっても、その人によって様々という面があり、

 

同じ下膨れであっても、似合う髪型、適切な髪型もまた人それぞれ…という結論に行き着いてしまうからです。

 

ただ、

 

一つの指針として、

 

前髪の処理をどーするか?

 

というポイントがあります。

 

ざっくり、

 

下膨れ顔は、前髪があるのと無いの、どちらが似合うのか?

 

この質問に答えるならば、

 

おそらく前髪はあったほうが良い

 

という回答になるかと思います。

 

一般的に前髪無しの髪型は、

 

輪郭がシャープな顔立ちにマッチするとされています。

 

であるならば、

 

下膨れ顔は(シャープとは真逆と考えるので)、前髪ありのほうが相応しいという結論にたどり着きます。

 

その上で、

 

その前髪もどちらかといえば、ふんわりボリュームがあるもののほうが、

 

顔より下が強調されなくてグッドです。

 

前髪を作ったとしても、

 

おでこにピタッと張り付いてしまうくらいだと、

 

頬が目立つことになってしまい、下膨れを強調させる結果となります。

 

同じ理由で、髪を後ろでまとめてしまうのも、強調させてしまう原因となり得ます。

 

まあ、そうは言っても、

 

やはり人それぞれという側面があるので…

 

美容師さんのアドバイスを受けるのが一番良いのは間違いないです。

 

あくまでも、

 

一般的な回答をするのであれば、

 

下膨れを目立たなくするには、前髪あり、しかもふんわりボリュームを持たせるのが吉ということです。

 

最後に、

 

そもそも、下膨れがダメかというとそうでもなく、

 

逆に下膨れ顔のほうがかわいいという意見もありますし、そこまで含めて考えると、

 

結局何が正解?ってなってしまいます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ