生チョコの賞味期限/手作りの日持ち・保存方法・賞味期限切れの扱い

手作り生チョコの賞味期限と日持ち

生チョコの賞味期限ですが、

生クリームを多く使用する分、

一般のチョコレートと比べて
日持ちが悪いです。

市販の板チョコだと、
長いもので1年程持つものもある

一方で、

生チョコで1年持つということは
ないでしょう。

さらに、

生チョコでも、

市販のものだと、
1か月程度保存の効くものもありますが、

この点、

手作りの生チョコになると、

せいぜい、

2日~4日です。

4日とするのが1番多いようですが、

その生チョコによっては
もう少し短命になるかと思います。

イメージとしては、

純粋なチョコ(カカオ)以外に

何か他の材料が混じると(混じる割合が多くなると)

それだけ賞味期限も早まるといった感じです。

例えば、

生クリームの他に、

フルーツ(果実)を入れたりすると、

通常よりもさらに厳しく

2日程度と判断したほうがいいでしょう。

やはり、

生クリームの存在が大きい。

生クリームを多く使用すると、

チョコが固が固まらないなど

作る上での難易度も増しますし、

保存の面からも扱いづらくなります。

生チョコの保存方法

保存方法ですが、

前提として、

完成した当日に食べるのが生チョコの基本です。

品質・味の落ちが早いので。

それを踏まえた上で、

保存するのであれば、

やはり、冷蔵庫での保存(10℃以下)になります。

あと、たまに冷蔵ではなく冷凍の保存を選択する
ひともいるみたいですが、

冷蔵に比べて、
さらに味の低下が著しくなるため、

冷蔵のほうを選択しましょう。

賞味期限切れ注意!

生チョコは美味しいので、
バレンタインにあげて喜ばれる可能性は高いです、

しかし一方で、

日持ちが悪く味の低下も激しいため
その点は注意をする必要性が大です。

生チョコを作って
当日はとても美味しかったのに

スポンサードリンク

翌日食べたら、
同じものとは思えなかったという声もあります。

なので、

バレンタインに生チョコを考えるのなら

事前に試し作りするのがおすすめです。

当日、翌日、3日後と、

味がどこまで持つか検証しておくことで
安心を得られるかと思います。

賞味期限1か月と表示されている
期限切れのチョコの生チョコ(市販)を食べてみたところ
問題なく美味しかった、という体験談もありますが、

他人に渡す
しかも、手作りということであれば

賞味期限切れのリスクは十二分に考慮すべきでしょう。

賞味期限が切れたと判断した場合、

再利用は諦めて、捨ててしまったほうが賢明ですね。。

生チョコの渡し方(特にバレンタイン時)

バレンタインに生チョコを渡す場合、

品質の低下を考えなければいけないという
マイナス面もあります。

しかし、一方で

日持ちしないということが、
逆に強味にもなります。

生チョコなんだけど、
市販のものじゃないから日持ちしないの。
明日になると食べられないから捨ててね

こう言われると
優先して食べようという気にもなるでしょう。

ポイントとしては、

捨ててね、という言葉を使うことです。

捨てるわけにはいかない!と、
男気を刺激できる可能性が高まります。

早く食べてね、じゃなくて、
捨ててねという言葉をチョイスしましょう。

あと、手作りという単語を出すと、
重く取られるリスクがあるので、
市販のものじゃない、という表現がベターかと思います。

最後に、

作ってみようとしたが、
生チョコが固まらないという悩みのある方は

以下の記事も参照

生チョコが固まらない、失敗!-対処、再利用・リメイク、アレンジ術

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ