チョコバット/当たりの確率は?当て方(見分け)も紹介!

なつかしのチョコバット、

 

このチョコバットの(ホームラン・又はヒットの)当たる確率については、

 

色々意見があるみたいです。

 

しかし、その中でも、

 

最も有力とされている見解の理由・根拠が面白いです。

 

ちなみに、

 

巨大なチョコバットがUFOキャッチャーでGETできるみたいです(笑)

こんなのがあるとは、動画を見るまで知らなかったです…

 

とゆーわけで、

 

  • チョコバットの当たる確率は?
  • 当て方・見分け方にコツはある?

 

といった項目順に記事をまとめました。

スポンサードリンク

チョコバットの当たる確率は?

チョコバットのケースには、

 

60本入りと記載されていますが、

 

実際に1ケースに収まっているチョコバットの本数は、

 

62本だそうです。

 

さて、何故でしょう?

 

実は、この不可解な本数違いに、

 

チョコバットで当たり(ヒット・ホームラン)が当たる確率のヒントが隠されています。

*参考

ホームラン1本でチョコバット1本GET
ヒット4本でチョコバット1本GET

当たる確率は…実はメーカーがバラしている?

チョコバット1ケースあたり、何本の当たりが入っているか?

 

結論から言うと、

 

1ケースにつき

 

ホームラン1本・ヒット4本

 

が収まっているのではないか?という意見が有力です。

 

そして、

 

この意見は単なる憶測ではなく

 

それなりの理由・根拠があります。

 

冒頭でも記載した通り、

 

チョコバットのケースには。

 

60本入りと表記されているにも関わらず、

 

実際に入っている本数は62本です。

 

では、この余分な2本は何を意味するか?

 

その余分な2本は…

 

販売店舗が客にタダで商品(チョコバット)を渡さなければいけないことを考慮し、

スポンサードリンク

 

当たり分の本数2本が追加して足されているのだと想像することができます。

 

そうすると、

 

ホームラン1本(=1本と引き換え)

 

ヒット4本(=1本と引き換え)

 

が1ケースに入っていると考えるのが素直だろう…

 

多くの人が支持する意見の根拠です。

 

メーカーがひそかに当たる確率をバラしてくれているというのは、結局そういうことです。

 

面白いですね。

当て方・見分け方にコツはある?

ヒット・ホームランの当て方については、様々な意見があります。

当て方1

チョコバットは、

 

袋のデザインが(少年の髪の色が違う)赤・緑・黄色と3種類に分かれており、

 

赤が一番当たる確率が高いとか、緑が高い、黄色が低いなど、諸説あります。

 

ちなみに、何故か赤髪の少年だけ何故かウインクしてます。

 

このウインクには何やら意味がありそうな気もしますが…

 

実際に、赤に当たりが多いかと言えば、そんなことは無いようです。

当て方2

箱の位置に着目して、当たりを見分ける方法があります。

 

しかし、これに関しても、結局、販売店舗が中身をシャッフルさせるので、当てにならないとされています。

当て方3

袋の微妙な差異・違いに着目する見分け方、

 

この方法が最も信ぴょう性が高いとされています。

 

チョコバットのみならず、当たり付きの駄菓子については、

(代表例がビックリマンシール)

 

工場内で製造がされるレーンが、当たりと外れとで違うとされています。

 

そのため、当たりの袋と外れの袋では、製造レーンの違いから生じる微妙な違いが袋に表れることがあるのです。

 

なので、

(具体的には、賞味期限の印字のされ方が、他と微妙に違うなど)

 

袋の微妙な差異に着目すると、当たりを引く確率が高くなるとされ、

 

実際に、ビックリマンシールや(駄菓子ではないですが)トレーディングカードでは、

 

この方法で、かなり当たりの確率が高くなるのだとか。

 

多少、職人的な当て方ですが、箱の中のチョコバットを物色し、このチョコバットの袋だけ、

 

他とちょっと違う部分があるなと感じたら、それが当たりかもしれません。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ