白湯の飲み過ぎに注意!ダイエット効果を得るに必要な期間は?

白湯には様々な効果があるとされています。

 

最も注目を集めているのは、ダイエット効果です。

 

また、それ以外にも、

 

  • 美肌効果
  • 冷え性改善効果
  • デトックス効果

 

など、白湯の女性への貢献度は計り知れないものがあります。

 

これだけの効果が見込めて、

 

さらに、かかる費用はタダ同然なわけですから、世の関心を集めるのは当然のことかと思います。

 

とはいえ、

 

何でもそうですが、摂取のし過ぎは禁物です。

 

つまり、白湯の飲み過ぎには注意ということです。

 

そこで、今回は、

 

白湯ダイエットをするに当たって、

 

注意すべき点をテーマに記事をまとめました。

スポンサードリンク

白湯を飲み過ぎると二次被害につながる!

予め言っておきますが、

 

白湯を飲みすぎることによる「直接的な」被害は微々たるものです。

 

あなたの体の健康にダイレクトに悪影響を及ぼすことはないので、そこは安心して頂いて大丈夫です。

 

とはいえ、

 

あなたの明日の予定が、

 

合コン、彼氏とのデート、異性との密会…

 

等、ビジュアルが重視されるイベントでであるならば、

 

本日の白湯は、控え目にしておいたほうがいいかもしれません。

 

あるいは、

 

明日の仕事が、業務上大事な局面で体力が必要とされるのであるならば、

 

そういった場合も控え目にしておいたほうがいいと思われます。

 

その理由を以下で説明しましょう。

白湯の逆効果その1(むくれの原因となる)

そもそも水分の摂り過ぎ自体が浮腫(むくみ)の原因となります。

 

しかし、白湯は、通常の水よりも体内に吸収されやすいため、よりむくみの危険が増します。

 

デートの前は、特に飲む量に注意を払いましょう。

白湯の逆効果その2(疲労の原因となる)

白湯の効果の一つとして、安眠効果があります。

スポンサードリンク

 

白湯を体内に取り込むことによって、内臓が温められますので、リラックスしてぐっすり眠れるのです。

 

ただ、内臓が活発化することによって、尿の頻度が増すという側面もありますので、

 

日頃から白湯を飲みすぎていると、トイレに行く回数が多くなり、

 

結果として睡眠時間が短くなる(=疲労の原因となる)という、逆説的な展開を迎えることにもなり兼ねません。

 

このあたりは、難しいところです。

ダイエット効果を得るに必要な期間は?白湯の適切な量は?

上記のように、

 

白湯を日頃から大量に飲んでいると、

 

直接には大きなダメージを受けないものの、間接的なデメリットを負うことになります。

 

注目を浴びている白湯ダイエットですが、

 

飲みすぎると逆効果でもあるため、適切な量をに抑えながら継続していくことが必要です。

 

白湯の一日の適切量は、700ml~800ml(約コップ4杯分)とされています。

 

では、白湯ダイエットの効果を得るにはどれほどの期間が必要なのでしょうか?

 

これに関しては、人にもよりますが、

 

早い人で1周間程度

 

ただ、基本的には1ヶ月程度継続することによって、ダイエットで効果が体感できるようです。

 

飲み過ぎには注意して、

 

まずは、1ヶ月を目処に試してみるのが良いのではないでしょうか。

 

飲むタイミングとしては、

 

特に決まりはないですが朝にオススメするという意見があるようです。

 

寝起きは、体内の水分が不足している状態なので、

 

朝に白湯を飲むことによって、水分補給もでき、加えて内臓の活発化の両方の効果が一度に得られるからとされています。

 

もちろん、ぐっすり眠りたい、眠るときの冷えを改善したいという場合は、

 

少量の白湯を眠る前に飲んでもいいですし、昼間に飲むのであっても構いません。

 

そのへんは、個人のニーズにマッチさせる形で、自分なりの白湯を飲む時間を決めるといいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ