鼻緒が痛い時は?すげ方と直し方も紹介【下駄】

下駄は鼻緒があるので痛い?

下駄や草履は、浴衣には必須のアイテムです。

 

しかし、長時間履いていると足の指がが痛くなることが難点。

 

下駄や草履は痛いという声も多く、最近では敬遠されがちになってしまいました。

 

とはいえ、元々は、古くから日常的に活用されてきた履物であることは間違いなく、長年使用されてきたということは、本来は使い勝手の良いアイテムである証拠でもあります。

 

自分に合ったものさえ選べば、現在でもその機能を十分に堪能できることでしょう。

 

とゆーわけで、

 

今回は下駄の鼻緒について

 

  • 鼻緒で足が痛い場合の対策は?
  • 鼻緒のすげ方と直し方について

 

といった項目順にまとめました。

鼻緒で足が痛い場合の対策は?

鼻緒がつっかえて足が痛い場合の対策として、個人レベルで直ぐに対応できることといえば、鼻緒を柔らかくすることが考えらます。

 

下駄や草履を履いて足が痛くなるケースのほとんどが、鼻緒の芯が堅く、足の指に負担をかけることにあります。

 

特に、普段から下駄や草履を履き慣れていない人は、足の指又の皮膚が刺激に弱いため、痛く感じる可能性が高くなるようです。

 

そこで、具体的な対策としては、

 

鼻緒の部分を手で揉んだり、あるいはペンチで押しつぶすなどして、鼻緒を柔らかくすることをオススメします。

 

鼻緒を柔らかくすることで、足指への刺激が軽減されるからです。

 

指への刺激が強いと感じる部分から優先して柔らかくすることで、様子をみていきましょう。

 

度を超えて、むやみに柔らかくしすぎても、履き心地が悪くなったり、逆に痛みを伴う結果になってしまいます。

 

徐々に柔らかくしていって、微調節する感じにします。

 

以上、鼻緒がつっかえて痛い場合は、鼻緒をつぶして柔らかくすることがオススメです。

 

しかし、下手に個人でいじってしまうと、下駄がダメになってしまう危険もあるので、末永く大事にしたい履物であれば、下駄の専門店で、鼻緒の調節をしてもらうのがいいでしょう。

最終手段は買い替え

前述の方法を試してダメだった場合は、買い換えるしかないかと思います。

スポンサードリンク

 

ただ、新しく買い替えるにも、同じ過ちを繰り返してはいけないので、次は痛くない下駄を選べるようにする必要があります。

 

ポイントとしては、

 

・鼻緒は太め

・鼻緒の裏地に本天がついている

 

こういった商品を選ぶと良いでしょう。

本天とはコーデュロイ状の布のことを指します

鼻緒のすげ方・直し方

鼻緒のすげ方を知っていれば、芯縄を調節することで、アレンジすることも直すこともできます。

 

こちらの動画が参考になります。

 

すげ方のポイントは、留めをしっかりすること、絶えず微調整を怠らないことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ