水遊びのねらい/保育所の水遊びを通して学べることとは?

保育所での水遊びのねらいとは?

幼少期の水との関わりは意外に重要で、日々の日常生活や学校生活に影響を及ぼすことが多いです。

 

分かりやすい例でいうと、入浴やプールの授業が挙げられます。

 

水が嫌いになると、お風呂やプールも苦手になる可能性が高くなりがちです。

 

実は、親が子供をスイミングスクールに通わせる理由として、

 

お風呂嫌いを克服してほしい、

 

小学校のプールの授業が苦手にならないでほしい、

 

といった声が圧倒的に多く、

 

そういった意味でも、保育所の授業を通して、子供が水嫌いになる不安を取り除くことは、

 

保育所に通わせる両親の願いにも沿うこととなり、水遊びは非常に重要なポイントといえるでしょう。

 

ゆえに、なるべく水に親しみ、水は怖くない、楽しいものだというイメージを子供に持たせることが、保育所での水遊びの基本的なねらいになるかと思います。

455566

水が怖くなってしまう一番の原因は?

子供が水が怖いと感じてしまう、一番の原因は、顔に水がかかるのを嫌うというものです。

 

確かに、目や耳、鼻の中に水が入る感覚というのは、大人になってみても、心地良い感じとはいえません。

スポンサードリンク

 

ましてや、子供がそういった慣れない不快感を嫌うのは当然のことといえるでしょう。

 

子供にとって、水泳の一番の難関は、泳ぐこと自体よりも、顔に水につけたままでいられるようになることであります。

 

私も泳げるようになったのは、周りに比べて遅いほう(小学校二年くらい)だったのですが、遅れた原因は、やはり、顔に水をつけられないといったことだったと記憶しています。

 

保育所(幼稚園)時代に水遊びをして、顔に水がつく経験をたくさん積んでおけば、小学校に上がった時、苦労しなくて済んだのでは?と、今になってそう思います。

 

水遊びに親しんでいれば、活動中に自然に顔に水がつくこともあるかと思うので、水が顔につくことに対する抵抗は幾分軽減されるかもしれませんね。

水遊びのねらい、その他

水遊びの一番のねらいは、水に対する抵抗を取り除き、その後の活動(お風呂やプール)をスムーズにするであることは間違いありません。

 

しかし、それ以外にも、水遊びを通して児童が身につけられるであろう経験がいくつか考えられます。

 

まず、一つには、道具の共有、譲り合いです。

 

水遊びには、水鉄砲など、小道具・玩具を使用することがあるかと思いますが、そういった遊び道具の奪い合いというものが、頻繁に起こるのが現実です。

 

そういったものを、いかに皆で上手く共有することができるか否かが、水遊びのねらいの一つともいえます。

 

予め、ルールなどを決めて、平等に利用されるような配慮も必要になるでしょう。

 

その意味では、決められたルールを守る、というのも一つの目的でしょう。

 

このあたりは、中々難しそうですけどね。

 

二つ目として、水遊びには衣類・水着の着脱も伴うため、そういった作業も教育の機会となり得るでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ