夕張メロンの旬の時期と食べごろは?


夕張メロンの旬と食べごろをテーマに、

 

  • 夕張メロンの旬の時期
  • 夕張メロンの食べごろは?
  • 夕張メロンの相場価格は?
  • 夕張メロンの味の特徴

 

といった項目順にまとめてみました。

夕張メロンの旬の時期

夕張メロンの収穫が盛んになる時期ですが、これはビニール栽培と露地栽培のものとで異なります。

 

全体を通してみると、夕張メロンの収穫期間は5月~8月の3ヶ月から4ヶ月といったところです。

 

このうち、早い時期から出荷されるのはビニールハウスで栽培されたもので、露地栽培された夕張メロンが出荷されるのは、後の方になります。

 

収穫期間が3ヶ月前後と短いのは、夕張市の半年近く雪に埋もれて過ごさなければならないという、地域性が影響していますが、そういった限定要素も夕張メロンの人気やブランド力に一役買っているのではないでしょうか。

 

*クリックすると拡大します

夕張メロン 旬の 時期 食べごろ

画像引用元
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fruit/Melon1.htm

夕張メロンの食べごろは?

夕張メロンの出荷期間は、5月~8月というのは先に述べた通りです。

 

では、このうち、最も美味しく食べられる時期、最も適した食べごろというのはいつでしょうか?

 

これに関しては、収穫量が多くなる6月~8月の夕張メロンが一番美味しいという意見がある一方で、いやいや、早くに出荷される5月~6月のものが美味しいんだという意見もあって、明確な答えは分からなかったです。

スポンサードリンク

 

ただ、どの意見を参考にしてみても6月の夕張メロンが美味しい時期に当たるというのは間違いなさそうです。

 

もちろん、味のクオリティーは、収穫時期にのみ左右されるものではなく、個々の作品によって違います。

 

基本的には、値段と味は比例すると考えてもいいです。

 

ただ、やはり、魚と同じで、競り落とす業者の目利きも重要になってきますので、激安販売目的で無差別に競り落とす業者と、しっかりとした目をもって競り落とした業者の販売するメロンでは、明らかに差がでるのではないかと思います。

夕張メロンの相場価格は?

8キロ程度の大きさを基準にした場合、おおむね、5千円から1万2000円程度の間で、夕張メロンの相場は落ち着くのかと思います。

 

5月、6月は収穫が始まって間もない時期ですので、収穫量が少なく、需要と供給の関係で、値段が高くなる傾向にあります。

 

6月中旬以降、次第に収穫量も増えていき、相場価格も下がっていくのが特徴です。

 

このような価格事情と、味のクオリティー面の両方を考えてみた場合、

 

夕張メロンは6月後半に出荷されたものを狙うのが、お得のような感じもしなくはないです。

 

値段相場的にも、6月は、夕張メロンの食べ頃の時期なのかもしれません。

夕張メロンの味の特徴

食感が柔らかいのが夕張メロンの特徴です。

 

余りにも柔らかいので、たまに「腐っているのでは?」という疑いをかける人もいるみたいです。

 

しかし、その濃い濃厚な味は人気が高く、毎年出荷を待ち望むリピーターが多いのも事実。

 

ちなみに、「夕張メロン」とは、品種名ではなく、商品名ととられるのが正しいようです。

 

品種名自体は「夕張メロンキング」というのが正しく、つまり、夕張メロンとは夕張キングメロンという名の品種の中から、ある一定の基準をクリアしたものを指します。

 

要するに、収穫したもののうち、美味しいものだけを選んだのが夕張メロンだということです。

 

であるかして、夕張メロンが美味しいというのは、ある意味当然のことなのです。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ