ハサミムシって害はあるの?/家で大量発生?駆除方法と生態を説明!

ハサミムシは、その外見からして、害虫っぽい感じのする虫です。

 

そのため、家の近くや、あるいは室内で見かけた時に、不安になる人もいるかと思います。

 

とゆーことで、

 

  • ハサミムシって人間に害を及ぼすの?
  • ハサミムシの生態
  • 駆除・退治方法は?
  • 家で大量発生したら?

 

といった項目順にまとめました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

画像引用元

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-61b2.html

 

【関連記事】

カナブンのえさと寿命は?/幼虫の見分け方は顔面と歩き方にあり!
カナブンを退治!駆除方法とコガネムシの違いを伝授
コウモリの駆除方法/蚊取り線香&超音波(磁石)攻撃のコラボで撃退

ハサミムシって人間に害を及ぼすの?

基本的に害はないとされます。

 

ハサミの力自体はそれなりに強いので、挟まれると最悪、出血に至るようなこともありますが、大事になるようなことは滅多に無いといってよいでしょう。

 

虫による被害といえば、農作物への被害が考えられます。

 

しかし、ハサミムシに限っては、肉食系であることから、そのような被害を心配する必要はなく。むしろ、イネ科の植物を食い散らかす害虫を餌として捕食してくれるので、その意味では、ハサミムシは人間の生活に役立ってくれる益虫とすらいえるでしょう。

ハサミムシの生態

肉食系であり、ダンゴムシや蛾の幼虫などを餌にする。

 

落ち葉や、ゴミ捨て場、石の下などの湿った場所に、生息したり産卵をしたりする。

スポンサードリンク

 

成虫茶色っぽい肌をしているのに対して、幼虫白いです。

 

幼虫も成虫同様に、湿気の多い、湿った場所に生息しています。

 

ハサミムシの成虫は茶色っぽいの対して、幼虫は真っ白です

 

生息地は、落ち葉や堆肥がある場所、ゴミ捨て場や石の下など日の当たらない湿気の多い場所を好みます

駆除・退治方法は?

前述の通り、ハサミムシの生態は、湿気の多い場所を好むことに特徴があります。

 

そのため、穏便な駆除の方法としては、湿気の多い場所をできるだけ取り除く作業が駆除として有効と考えられます。

 

湿気の多い場所を減らすことで、ハサミムシが生息できる場所がなくなるからです。

 

落ち葉などがあれば、キレイに掃除して取り除き、できるだけ乾燥した環境を作るようにしましょう。乾燥剤を散布するのも有効です。

 

あるいは、もっと直接的な駆除方法として、害虫駆除用のスプレーを噴射するということでもOKです。

 

ただ、1匹~匹程度であれば、そこまでしなくても、ティッシュでつまんで遠くに逃してやればいい気も個人的にはします…基本的には、人間に害を及ぼさない虫なので。

家で大量発生したら?

ハサミムシは基本的には外にいることが多いですが、たまに家の中をうろつくハサミムシの姿も目にすることもあるかと思います。

 

家に侵入してこられるとぎょっと思ってしまうかもしれません。

 

しかし、これが数匹程度なら、特に問題視することはないでしょう。

 

ほんの少しの隙間からでもハサミムシは侵入してくることが可能なので、たとえそれが新築の家であっても、完全に侵入を防ぐのは難しいかと思います。

 

一方で、数匹にとどまらず、大量に発生しているのであれば、室内で繁殖、つまり産卵された可能性が高いです。

 

そうなると、自体はいくぶん深刻で、解消するには、家の中での生息エリアや産卵場所を特定するのがベストです。

 

ハサミムシは、湿気の多い場所を好むので、家の中で湿気のたまりそうな場所(例えば、腐った畳の付近など)を目標に、調べてみるのがいいかと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ