地鎮祭/のし袋の表書きは初穂料でOK?正しい書き方と料金相場は?


地鎮祭とは、建築を始める前に、その土地の神に許しをもらい、工事の安全を祈願するという儀式です。

 

地鎮祭自体、私も過去に経験したことがあります。

 

しかし、もう子供の頃のことなので、詳細は記憶からは完全に消えています。

 

とゆーわけで

 

今回は、地鎮祭をテーマに

 

  • 表書き何と書く?
  • のし袋の書き方
  • 玉串料と初穂料の違いは?
  • 初穂料(玉串料)として包むお金はいくらが相場?

 

といった項目順に記事をまとめました。

スポンサードリンク

表書き何と書く?

地鎮祭ののし袋の表書きにあっては、

 

「玉串料」「初穂料」「ご祝儀」

 

の三パターンが考えられ、いずれを記載するかで悩みます。

 

結論からいうと

 

玉串料 OK

初穂料 OK

ご祝儀 NG!!

 

となります。

 

ご祝儀」と書くのはNGなので避けるように。

 

それを踏まえた上で、玉串料初穂料、いずれを記載するのかについては、どちらでもOKというのが答え。

 

ただ、神社関係者の話によると、玉串料よりも「初穂料」とするほうがケースとしては多いようです。

 

とはいえ、ネットで「地鎮祭 のし袋」と画像検索してみたところ、いずれの記載もそれなりの比率で出てきます。

 

「ご祝儀」という書き方さえしなれければ、問題ないでしょう。

スポンサードリンク

のし袋の書き方

地鎮祭 のし袋 書き方 表書き hoksasaitokara
画像引用元
http://home-living-life.seesaa.net/article/182270985.html

筆ペンを使って書きます(毛筆なら尚可)。

 

書き方としては、結び目の上に「初穂料(玉串料)」と記載し、結び目の下に氏名(フルネーム)を入れます。

玉串料と初穂料の違いは?

両者の違いを簡単に説明すると、

 

「玉串料」のほうが、「初穂料」よりも言葉の範囲が広い、ということです。

初穂とはその年に初めて収穫することのできた「稲穂」のことを指します)

 

玉串料が、「神様に捧げるお礼としての品全般」を意味するのに対して、初穂料は品物の中でも「初穂を品物として捧げる」ことを意味します。

 

つまり、玉串料が、奉納品を特に限定しないのに比べて、初穂料は品物を「初穂」に限定しているという違いです。

初穂料(玉串料)として包むお金はいくらが相場?

気になるお金の話、料金相場についてです。

 

初穂料(玉串料)そのものについては、2万~3万が相場。

 

これに加えて、

 

地鎮祭を取り仕切った神主に対し、

 

お礼料:3000円程度

お車代:(移動距離にもよりますが)3000円程度

お供え物費用:1万円程度

 

以上、トータルで、4万~5万円に収まるのが通常のようです。

まとめ

地鎮祭は、地域によっても様式が異なる面があります。

 

のし袋の記載、玉串料金など、気になる点があれば、地元のハウスメーカーや建築業者に問い合わせてみるのもいいのではないでしょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ