反り腰/正しい寝方と座り方は?簡単な治し方も解説


私の社内では、40代になると反り腰の痛みを訴える人が多くなるような気がします。

 

中にはそれが原因でを休んでしまう人もいるめ、なかなか深刻な問題ではあります。

 

とゆーわけで、

 

反り腰について、

 

  • 反り腰のおすすめの簡単な治し方
  • 反り腰の正しい寝方
  • 反り腰の正しい座り方

 

といった項目順にまとめました。

400182

反り腰の簡単な治し方

反り腰に効く改善アプローチはいくつかあります。

  • 整体
  • 骨盤矯正
  • 全身もみほぐし
  • ストレッチ運動

この中で、最も即効性のある簡単な治し方は、整体でお世話になることでしょう。間違いないと思います。

 

全身もみほぐしをしてもらって、治ったという声もあります。

 

しかし、どうせお金をかけるのであれば、整体サービスを利用したほうが、反り腰を治すという意味ではいいのではないでしょうか。

 

ただ、最近では、駅構内や駅前に全身もみほぐしの店が入っていることが多いので、空いた時間を利用して対策をしたいということであれば、利用してみるのも手です。

 

お金をかけずに個人で治したいということであれば、ストレッチに頼る他ないでしょう。

 

有名なところでは、ヤンキー座り、でしょうか。

 

反り腰には、ヤンキー座りが効くとされます。

 

股関節や骨盤を開くことで、筋肉にとって良い刺激となるため、反り腰に効果があるとされています。

 

実は、ヤンキー座りは、妊婦の方の運動にもいいとされ、意外にその効用というのは高かったりするのです。

ヤンキー座り以外の、ストレッチとしては、三点倒立も反り腰に効いたという報告もあります。

スポンサードリンク

(壁によりかかる倒立でも問題ないようです)

根本的に解決するには?

そもそも何故、反り腰になるか?

 

ということですが、端的に言って、筋力が弱いことが原因です(だから反り腰は女性に多いのです)。

 

そのため、反り腰の問題をを根本的に解消するには、筋トレが必要になります。

 

そして、筋トレといっても、不必要にな箇所を鍛えると逆効果になるため、反り腰改善にピンポイントを当てた筋トレが求められます。

 

具体的には、前もも(大腿四頭筋)と背中(脊柱起立筋)の筋肉を鍛えるストレッチが、効果的です。

反り腰の正しい寝方

当然ですが、腰に負担をかけないような寝方が求められます。

 

なので、仰向けではなく、横向きに寝るのが正しい寝方です。

 

たまに、腰と敷き布団の間に、タオルなどのクッションを挟めて寝る人がいます。

 

しかし、それだと、余計に反る格好になってしまうので逆効果だと指摘されます。注意しましょう。

反り腰の正しい座り方

反り腰の正しい座り方ですが、端的に言うと、姿勢良く座りましょう、ってことになる。

 

姿勢の悪い座り方は腰に負担をかけます。

 

例えば、

 

足を組んで座る、椅子からずり落ちるような座り方(椅子の先にお尻をつける座り方)をするなど、行儀のよろしくない座り方は反り腰の悪化に繋がります。

 

この点、姿勢の良い座り方をするためには、重心が正しい位置にあることに注意を払う必要があると説明されます。

 

しかし、正しい重心を保つのは思いの外難しいです。

 

そもそも本人は姿勢良く座ってると思っていても、実際はズレている可能性が高く、そうであるからこそ、知らず知らずのうちに腰を痛め悩む人が出てくるのです。

 

自分では真っ直ぐと思っていても、背中が曲がっていたりします。

 

そこで、一番簡単な方法としては、自分が座っているところを、他人に横からチェックしてもらうこと。あるいは、鏡を使って自分で確認することです。

 

自分では真っ直ぐと思っていても、横から映した鏡を見ると、上半身が前方向に傾斜していたりします。

 

筋トレが難しい場合は、日頃の座り方を正すことでも、反り腰の改善が見込めます。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ