ギザ十の買取価格/一番レアなのは?昭和27年~29年はダメ?

ギザ十は、昭和26年~昭和33年にかけて製造されていた10円玉で、効果の側面がギザギザになっているものをいいます。

 

ギザ十は全部で7種類(7年度分)あるわけですが、その全てが(ショップで売れるほどの)価値があるというわけではないようです。

 

とゆーわけで、

 

  • ギザ十の買取価格
  • 一番レアなのは何年のギザ十?
  • 昭和26年27年、28年、29年のものはダメ?

 

の項目順にめとめました。

ギザ十の買取価格

 

硬化や紙幣の一般的な考え方ですが、その貨幣自体が、今現在も普通に使用できる(買い物として使える)以上、基本的には額面以上の価格を持つことがないというのが考え方のようです。

 

つまり、今現在、ギザ十を提示して普通に買い物ができる以上、やはり10円の価値を大きく超えることはない、ということです。

 

(額面より多少(数円程度)の値がつくとしても、誤差であるならば、業者が買い取ってくれないため、事実上価値なしの扱いになる)

 

ただ、いくらか高値で取引される例外的な場合もあって、それは未使用(あるいは未使用同然の輝きを保っている)のものです。

 

中々、ギザ十で未使用のものが見つかる可能性はほとんどないと思われますが、もしそういったギザ十が見つかれば、ショップで鑑定してもらう価値があるといえるでしょう。

では未使用の見つかる確率は?

前述のように、ギザ十でも未使用のものは高値がつく可能性があるということでした。

 

では、未使用のギザ十ってどのくらいの確率で見つかるものなのでしょうか。

スポンサードリンク

 

まず、ギザ十が10円全体に占める割合ですが、だいたい300枚に1枚の確率で発見できるとされています。

 

さらに未使用とはいえないまでも、それに近いクオリティーを保ったギザ十は、ギザ十全体の中でも、1000枚あるかないかと噂されます(あくまでも噂のレベルです)。

 

つまり未使用レベルのギザ十が見つかるレベルは300×1000(以下)の確率(30万分の1以下)…ということに。中々に厳しいです。

一番レアなのは何年のギザ十

ギザ十の中で、最もレアなのは昭和33年発行のものです。

 

理由は簡単で、33年の発行枚数が最も少ないからです。

ギザ十 発行枚数wikipedhiakara

画像引用元
ウィキペディア

 

(年は未発行なので0枚ですね)

このように、33年の硬化が一番少ないこともあって、33年だけちょっとした特殊な扱いを受けることがあります。

 

先ほど、未使用でないかぎり、高値はつかないと言いましたが、実は、この年度のギザ十だけは別扱いされることがあり…一枚30円~70円ほどの買取価格がつくこともあります。

 

さらに、その33年のギザ十が未使用に近い品質を保っていれば、それなりの価値を持つことが期待できます。

 

ちなみに、33年のギザ十が、ギザ十全体に占める割合は、50枚に1つとされいるので、

 

未使用の33年ものが見つかる確率は、

 

全ての10円の中で、300×1000×50となり、

 

1500万分の1以下といったことに…うーん…。

昭和26年、27年、28年、29年のものはダメ?

以上、ギザ十の価値は、未使用の他に、発行枚数の少ないものも高くなる可能性があります。

 

30年代のギザ十が見つかれば「おっ」という感覚を持ってもいいですが、26年、27年、28年、29年あたりの20年代のギザ十に関しては、通常の10円と何ら変わりがないと思ったほうがよさそうです。

買取価格一覧

一応、以下が買取価格の一般となっているようです。

昭和26年 15円
昭和27年 12円
昭和28年 12円
昭和29年 12円
昭和30年 15円
昭和31年 発行無し
昭和32年 30円
昭和33年 60円
昭和34年 20円

引用元
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1314273303

 

数円程度の誤差は、買取の対象とならないことが普通みたいなので、やはり20年代のギザ十では売るに厳しいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ