バンダナの簡単でかわいい巻き方を学ぼう!【頭・首元・バッグ編】

バンダナはかわいい女を完成させるためには有効なアイテムです。

 

スカーフではなく、あえてバンダナにするところがあざといです。

 

スカーフだと若干気取った感じもしますが、バンダナだと、いい感じで親しみのあるかわいさを演出できます。

 

とゆーことで、

 

  • 頭への巻き方を間違えると、洗顔前のすっぴん顔に…
  • 首元やバッグに巻くときはどーする?

 

の項目順にまとめました。

スポンサードリンク

頭への巻き方を間違えると、洗顔前のすっぴん顔に…

バンダナを上手く頭に巻くことができれば、かわいい女性を演出できます。

 

逆に、巻き方を間違えると、洗顔前のすっぴん女に降格します。

 

基本的な巻き方を学んで、大きく外さないようにしましょう。

 

以下で、基本的な巻き方の、具体的な手順を紹介します。

具体的な手順

1 折りたたんで棒状にする

まず、バンダナを広げ、そこから三角折りにします。

 

三角折りにしたら、次は、三角(△)の先端部分、尖った部分からぐるぐると折りたたんでいって、棒状に仕上げます。

2 髪をゴムで後ろ結びにする

ロングヘアだと、どうしても髪が邪魔してしまい、バンダナが巻きにくくなってしまいます。

 

なので、あらかじめ髪をゴムで結んでおくことで、その後の作業がやりやすくなります。

3 首の後ろにバンダナを当てる

棒状になったバンダナを首の後ろ(首の付根あたり)に当てます。

4 おでこの前でクロス

先ほど、首の後ろに持ってきたバンダナを、首に押し当てながら上にずらすと伴に、おでこの真ん中あたりでクロスさせます。

 

真ん中といいつつも、左右のいずれかにちょっとずらしたポイントでクロスさせるのが、かわいく見せるコツです。

 

動画でもそのように解説されています。

5 クロスさせたバンダナを結ぶ

クロスさせたバンダナを結びます。この時、縦結びにならないように注意しましょう。リボンをキレイに作る必要があるので。

6 結んでいたゴムを外し、髪を調節

後ろで結んでいた髪を(ゴムを外して)ほどきます。

 

耳も出します。

 

あとは、自分の好みに合わせて、髪とバンダナの面積を調節しましょう。

 

なれないうちは、髪の面積を多めにしてバンダナを目立たせ過ぎないようにしたほうがいいと思いますが、まあ、好みでしょう。

 

上の動画を通して見ることで、ここまでの流れがよく分かると思いますので、是非。

スポンサードリンク

首元やバッグに巻くときはどーする?

バンダナは、頭以外にも、首元バッグに巻くことでオシャレ度をUPさせることができます。

 

頭以外に巻くときの、巻き方のポイントですが、巻き方よりも「折り方」が大事です。

 

頭に巻くときは、バンダナをぐるぐる縮めて棒状にしましたが、首元やバッグに使用する場合は、それだとちょっと不適切です。

 

首元やバッグに巻くときは、バンダナを四角く(長方形に)折って、バンダナの面を見せるのがキレイに見せるコツです。

 

*クリックすると拡大します

バンダナ 巻き方 首元 バッグhokasaitokara

バンダナ 巻き方 首元 バッグ2hokasaitokara

画像引用元
http://hokuohkurashi.com/?pid=46912644

さらに、バッグであれば、取っ手に巻きつけてデコレーションをするといったアレンジもできます。

動画では、スカーフを使用していますが、バッグの素材によっては、バンダナでも応用できるでしょう。

 

高級バッグにバンダナだとちょっとアレですが、トートバッグなどのカジュアルっぽいもの、あるいは買い物バッグなどにバンダナを巻きつけると、可愛くアレンジできるのではないでしょうか。

 

【あす楽対応】定番バンダナ(日本製)綿コットン100%(ペイズリーバンダナ 三角巾 キャップ スカーフ)10P26Mar16

 

 

バンダナは100円ショップでも購入できるので、「簡単かわいい!」を目指す女性にとってはたいへん有効なアイテムといえるでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ