世界史の語呂合わせコンテンツは、自分で作って酔いしれる

世界史覚えられん!
なんかいい語呂合わせないんか!

ほんまやばいよな世界史…
日本史選択すればよかったー!

先日、帰宅の電車に揺られていると、
男子高校生による世界史嘆く声が聞こえてきました。

その男子学生の制服が
私の母校のそれと同じだったので
(つまり後輩であったため)

ごちゃごちゃ泣き言いわんと、気合で暗記せんかあああーー

と、喝を入れそうになりました…

っていうのは嘘で、

彼らの気持ちは十分にわかります。
私も世界史選択だったので。

何が嫌かって、まず登場人物の名前が、

マルクス・アウレリウス・アントニヌス
ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世

扉を開くための呪文かよ!
っていうくらいなが~い文字列で構成されています。

こんな顔してる人たちだったんですね。今初めて知りました。

250px-Marcus_Aurelius_Glyptothek_Munich
マルクス・アウレリウス・アントニヌス
ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世
ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世
出典 Wikipedia

語呂合わせは使いどころが難しい?

なんかいい語呂合わせないんか!
そう呻きのた打ち回る男子学生の気持は理解できます。

が、しかし。

語呂合わせは、自分で作ったほうがより効果的に覚えられる、

このように書いてある本を昔読んだことがあります。
(たしか東大生女子の書いた本だったかと)

語呂合わせは他人に用意されたものを使うより、
自分で考えたもののほうが、頭に残るといった内容のことが述べられており、
確かにそうかもなと思いますね。

今どきコンテンツは自分で作る時代ですよ!

あと、語呂合わせって案外使えないというか、
無理やり語呂合わせにして覚えようすると、逆に非効率だったりするので。

例えば、

スポンサードリンク

『マルクス・アウレリウス・アントニヌス』を暗記するために、
何か、語呂合わせを作ったとしてもそれで覚えらるのは一つの知識だけなので、
それだったっら、何だかんだストレートで頭に入れたほうがいい。

英単語を語呂合わせで暗記しようみたいな本も
見かけたことがあったんだけど、アレも非効率かな~って。

語呂合わせが力を発揮するのはいつ?

語呂合わせが最も効果的なのは、

その語呂合わせ一つで、複数の知識が押さえられる

そのような場合だと考える。

科学の元素記号の語呂合わせ『水兵リーベ、僕のお舟~』とか有名ですが、
これ一つで芋づる式に知識が入ってきますよね。

なので、もし語呂合わせを自分で作るなら
複数の知識が連鎖的に押さえられるものに限ったほうがいいよね。

私が世界史受験の時に作った語呂合わせ

① トアケジニフカレブクブ

② チアチイマヒウヒウキサメブ

これ、なんの語呂合わせか分かりますか?

わかったひとは天才ですね。

実はこれ、
戦後歴代大統領(①はアメリカ②はイギリス)の名前から
頭文字を取り出して羅列したものです。

ト・ルーマン
ア・イゼンハワー
ケ・ネディ
ジ・ョンソン
ニ・クソン
フ・ォード
カ・ーター
レ・ーガン
ブ・ッシュ
ク・リントン
ブ・ッシュ

チ・ャーチル
ア・トリ―
チ・ャーチル
イ・ーデン
マ・クミラン
ヒ・ューム
ウ・ィルソン
ヒ・ース
ウ・ィルソン
キ・ャラハン
サ・ッチャー
メ・ージャー
ブ・レア

注)最新の大統領名が抜けているのは、当時は既に受験生ではなかったからです

何の意味もなさない文字列を暗記するので
大変な部分もありますが、
その分、押さえられる知識も多いですし、

このように、頭文字を並べることの良い部分は
名前だけではなく、順番も覚えられるということでしょう。

大統領の就任順序を押さえておかないと、
答えられない問題に対してはとても効果的です。

順番が大事になってくるものに関しては、
この方法を取ってみるのもアリじゃないでしょうか。

尚、作った語呂合わせはツイッターやメモ帳に残しておくことで、
時間がないときにスマホ等で確認できるのでいいと思います。

あなただけの語呂合わせコンテンツ、是非作ってみてください。

そういや、世界史コンテンツって、以前に流行しましたよね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ