スプーン曲げのコツ/原理とタネさえ理解すれば簡単?


スポンサードリンク

スプーン曲げのタネを明かす?

スプーンが曲がる正体は、テコの原理、あるいは目の錯覚によるものです。スプーン曲げのタネを学ぶことで、マジックは科学の側面があるのだ、ということが理解できます。

 

スプーン曲げの方法は、主に2通りあるとされています。

 

一つは、テコの原理を応用したもの。

 

もう一つは、目の錯覚を利用したものです。

 

後者のほうがどちらかといえば難易度が高く、下手な人がやるとすぐにバレてしまいます。

 

逆に、前者のほう、テコの原理を応用した方法は案外簡単だという声が多いです。コツを掴めば、素人でも簡単にできてしまうようです。

 

とゆーことで

  • スプーン曲げでテコの原理を体感
  • 下手くそがやるとすぐバレる?目の錯覚を利用したスプーン曲げ

の項目順にめとめました。

スプーン曲げでテコの原理を体感

スプーンを縦に構えて、人差し指でくいっと曲げるパターン。

 

これはテコの原理を応用したもの。

 

科学の世界では、テコの原理を説明するために、スプーン曲げを題材とすることがあるようです。

スプーン曲げ コツ タネ 原理hokasaitokara
画像引用元
http://www.buturigaku.net/main01/RigidBody/RigidBody02.html

スプーンを持つ手の中指・薬指を支点、小指を作用点とし、曲げるために力を加える人差し指を力点とするのが、テコの原理からみたスプーン曲げです。

スポンサードリンク

具体的な方法

以下に、テコの原理を応用して曲げる際の、手順とコツを記しておきます。

 

まず、スプーンを構える前に、スプーンの一番曲がりやすいスポットを把握しておきます。

 

スプーンの曲がりやすいスポットとは、スプーンを人指に乗っけてみても落ちない部分、左右のバランスが取れる箇所です。

(この点は、動画を参考にするとよくわかります)

 

一番曲がりやすい部分が分かったら、次は、その部分から1センチ~2センチほど下に降りたところを指でつまんで持ちます。

 

このとき、スプーンの裏側を顔に向けるのが正しいです。

 

また、小指はなるべくなら柄の一番下に当てたほうがよく曲がります。

 

以上のように、スプーンを構えるところまでできたら、後は、弓矢を引くように、もう片方の手でスプーンの先端をくいっと押してやります。

 

曲げる瞬間のコツとしては、背筋を張って、スプーンをなるべく肩から遠くに位置させること。まさしく弓矢を引くようにします。

下手くそがやるとすぐバレる?目の錯覚を利用したスプーン曲げ

テコの原理を応用するやり方以外に、目の錯覚を利用する方法があります。

 

手のひらの上の置かれたスプーンが勝手に曲がっていく様子をみせるパターンです。

 

タネを明かすと、このパターンは、手のひらにスプーンが乗った時点で既に曲がっています

 

曲がっていくように見えるのは目の錯覚。スプーンではなく、スプーンを置いた「手の」角度を微妙に変えていくことでスプーンのほうが曲がっていくかのような錯覚を作り出しています。

 

この方法で曲げる人は、スプーンを手の上に乗せる前のどこかのタイミングで、こっそりと力を加えスプーンをねじ曲げています。

 

そこをいかにさりげなくやるかで、素人とプロに違いがでるのです。

この動画をよく見ることで、

 

予めスプーンを力で捻じ曲げていること、

 

そして、スプーンが動いているのではなく、スプーンを持つ手のほうが動いていること

 

この2点を理解できるのではないでしょうか。

 

以上、スプーン曲げのタネ明かしに関する記事でした。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ