レッサーパンダを飼うだと!?その性格と生態、値段相場は?

レッサーパンダを自宅で飼うのは可能?

いきなり結論ですが、レッサーパンダを自宅で飼うことはできません。ほぼ不可能です。

 

まず、第一に法(ワシントン条約)の存在があります。

 

レッサーパンダを購入することは法によって禁じられています。罰則もあり違反すると1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に課せられます。

 

仮に法が許したとしても、それでも日本人個人が飼うのはやはり不可能に近いです。

 

なぜならば「数の問題」があるからです。

地球上に生息するレッサーパンダは1万頭いるかいないかと言われています。

 

その中で、動物園で人間の手によって飼育・管理されているレッサーパンダは800頭

 

日本の動物園に限ると、250頭ほどまでに数が絞られます。

 

法による縛りは別として、数字から考えても庶民がレッサーパンダを所有するのは難しいでしょう。

ワシントン条約とは

絶滅危惧種に当たる動物を保護するための条約。

 

ワシントン条約で絶滅危惧種に認定された動物を商業的な利用は禁止されています。

 

商業的に」というと販売を目的に限定されると考えがちですが、どうやら「無償」で譲り受ける場合もダメらしいです。

スポンサードリンク

仮に取引すると値段の相場はいくら?

数百万が妥当、数千万が妥当など、いろいろ意見があります。が、取引自体がNGである以上、値段相場を考えるのは不毛です。

 

ただ、嘘か本当か分かりませんが、10年前(2007年頃)、地元の中国紙で驚きの報道がされたことがあります。

 

それは、中国現地でレッサーパンダが食用で販売されていたことがあるという事実です。

 

その値段相場、なんと「1キロ17元」

 

2016年のの為替でいえば、1元=17円です。

 

レッサーパンダの一頭の体重の平均は5キロ前後。

 

つまり、17円×17×5=14450円

 

世界の絶滅危惧種が「一頭=1万5000円」の値段で取引されていたことになります(笑)

 

まあ、さすがにこれは無いでしょう。

性格と生態

レッサパンダの生態は、パンダというよりアライグマ、イタチに近いとされています。

 

ジャイアントパンダのようにじっとしていません。かなり大胆に動きまわります。

 

レッサーパンダの胴体には生傷が絶えないとされるほど、荒い動きをします。

 

暴れん坊、やんちゃな性格といえるでしょう。

 

ただ、例外はあるようで…飯を食らってるときだけはおとなしくしていることが多いようです。

おとなしくタケノコにむしゃぶりついてます。

ちなみに、親がいなくて動物園の飼育員(人間)の手で教育されたレッサーパンダも、比較的おとなしい性格という報告もされています。

性格の不一致による未婚率が問題?

レッサーパンダについては、性格遺伝子の研究がされているようです。

 

性格遺伝の研究とは、こういった形状の遺伝子を持つ生物はこういった性格を持つだろうと推測する研究、つまり遺伝子と性格を結びつける研究です。

 

なぜそんな研究をするのかといえば、繁殖を促すためです。

 

絶滅危惧種であるレッサーパンダを増やすためには、どんどん子を産んでもらうことが必要です。

 

それゆえ、動物園内では、なるべく男女のペアを作るように仕組みます。

 

しかし中には一向に子を産もうとしないペアもいるようで…それはおそらくレッサーパンダ同士の性格の不一致が原因なのではと考えられたという経緯があり。

 

つまり、予め性格の合いそうなモノ同士をペアにしたほうが、その後の繁殖が促される確率が高まる、ということです。

 

日本の結婚相談所にも、いつの日かこの研究成果がもたらされる日が来るかもしれません。

 

日本人が絶滅危惧種に認定されないために(笑)

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ