へそピアスの開け方/痛みやトラブルを避けるためのポイントを解説

へそピアスの開け方/自分でやってもOK?

へそピアスは耳たぶのピアスの比べて難易度が高いと言われます。その理由は二つです。

 

耳たぶよりもへそ周りは皮膚が肉厚なため、開けづらさを伴うのが理由の一つ。貫通後も痛みが生じるなどのトラブルが起こしやすいのが理由の二つ目です。

 

そのため、へそピアスについては、しっかりとしたケアを施してくれる実績のある医療機関にお願いすることを強くおすすめします。

 

第三者に頼るというのが、へそピアスを開ける際の基本スタンスです。

 

ただ、セルフでトライしたいという方も中にはいらっしゃると思いますし、実際に自分で開ける人も一定数存在します。

 

とゆーことで、

(ニードルを使って)自分でへそピアスを開ける際の注意点と、起こりうるトラブルについてポイントを書き記します。

へそピアス 選び方 rakutensaitokara

へそピアスの開け方/失敗しやすいポイント

器材もしっかり消毒する

消毒を怠ると、炎症、化膿などのトラブルに繋がります。

 

皮膚に意識がいきがちですが、使用する器材(ニードル、ピアス)にもしっかりと消毒を施します。

 

また、皮膚を消毒するにあたっては、貫通部分のみならず、へその周囲から広げるようにして、なるべく広範囲に渡って消毒をしましょう。

マーキング

マーキングは縦にまっすぐに線を入れる必要があります。

 

マーキングが傾いてしまうと、出来上がったピアスも歪んでしまいます。

 

このマーキングの部分が、セルフでやる場合のリスクの一つに数えられます。

 

第三者の機関に頼る場合も、スキルの低いところに頼ってしまうと、マーキングが雑だったりするケースがあります。

 

第三者を利用するにも、どこでも一緒ということはないので、安易に値段で決めずに、しっかりとしたリサーチをする必要があります。

貫通は思い切りが大事

貫通は思い切りが大事です。

 

両手で思い切りよく、強く強くです。中途半端にならずに、両手で最後まで押し切ります。

 

また斜めにならないように、まっすぐ貫通させます。

 

いくらマーキングがしっかりしていても、貫通がズレたり斜めになってしまうと、ピアスの歪みが生じます。

 

この工程も、個人でやる場合の失敗ポイントです。

 

ちなみに貫通には出血を伴うことがあります。ティッシュを用意しておいたほうがいいでしょう。

 

貫通の痛みについては、人それぞれですが、個人で開けたとしても、痛みでもがき苦しむという例はあまり聞かないような気がします。

スポンサードリンク

 

逆に、第三者機関で麻酔を打ってもらったからといって、完全に痛みがゼロとも言い切れないようです。

 

個人差があるので、自分でやるにしろ病院を利用するにしろ、多少の痛みは伴うと考えておいたほうがいいです。

貫通後のトラブル・痛み

へそピアスは耳に比べると、痛みなどのトラブルの可能性が高いのが特徴です。

 

そして、へそピアスにおいて痛みが問題になるのは、貫通時よりもむしろ貫通後です。

 

耳は普段の生活でモノに触れる機会はそれほど無いです。

 

一方で、へその場合は衣服やベルトに触れる機会が多いため痛みを感じやすく、またトラブルの可能性も高くなります。

 

それゆえ、開け方がどんなに上手でもホールが完成するまで多少の痛みは避けられない覚悟は必要といえます。

 

ただ、開け方がよろしくなくて伴う痛みというのもあるので、以下に痛みが生じる場合の原因をいくつか挙げておきます。

貫通が斜めにズレてしまった

前述のように、マーキングや貫通が斜めにズレてしまうと、出来上がりのピアスが歪むのみならず、炎症してしまい痛みを感じることがあります。

ピアスの深さが足りない

ピアスの刺さり具合が浅いと、痛みの原因となります。

 

へその皮膚と皮膚を貫いているピアスの距離が短いと、皮膚が薄くなるぶんダメージを受けやすくなるのです。

ピアスの選び方がよくない

へそ用のピアスは真っ直ぐのものを使用してはいけません。カーブしているものを使用します。

 

ここを間違えると、やはり炎症などのトラブル、痛みに繋がります。

 

へそピアスは以上のようなリスクを踏まえた上で、自分で開けるか、病院など第三者を頼るかを判断しましょう。

 

自分でやるにしても、ポイントさえ外さなければ痛みやトラブルを最小限に抑え、健全なホールを作ることも可能です。

 

逆に、ポイントを外してしまうような第三者にお願いしてしまえば、やはりトラブルに繋がります。とりあえずお金を払ってまかせれば平気という考えは捨てたほうが無難でしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ