昇進祝いのメッセージ/同期への挨拶や彼氏へのメール文が悩み?

たかが昇進、されど昇進。

 

昇進をキッカケに人間関係が傾いてしまう。組織では珍しくない話です。会社勤めをしたことがある方であれば実感できるかと思います。

 

今回は、

 

社内の同期が昇進した場合

 

付き合ってる彼氏が昇進した場合

 

の2パターンに分けて、

 

お祝いの挨拶にまつわるあれこれについて、記事をまとめてみました。

同期への挨拶はココが厄介!

同僚が昇進した場合、職場のマナーとしてお祝いの挨拶をするのが礼儀です。

 

基本的には、直接本人の元でお祝いの言葉を贈ることになるかと思います。

 

ただ、同期入社であるなど、相手との関係がある程度親密な場合、メールアドレスやラインIDを知っているケースが多く

 

そんな時は、直接の挨拶に重ねて、メールでお祝いメッセージを贈るのが、まあ普通だったりします。

 

あるいは、立地の関係で直接会うことが難しい場合も、とりあえずメールで済まさざるを得ない時もあるでしょう。

相手が同期だったら?

昇進祝い メッセージ 同期 挨拶

昇進したのが先輩社員であれば、敬意を払って律儀な挨拶をしておけばいいでしょう。

 

しかし、これが同期社員だったら相応の悩みも出てくるかと思います。

 

相手が自分より上の立場になる場合、「仲間」のみならず「上司」といった意味合いも足されるので、その点につき難しさが生じます。

 

そして、一番の悩みが、相手に使う「口調」ではないでしょうか。

 

まず、直接挨拶をする場面では、社風や相手、その空間にもよりますが、通常は敬語で挨拶をするのではないでしょうか。

 

私が勤務している会社では、

 

社内では敬語、外では自由(つまりタメ語でもいい)といった感じでした。廊下や上り階段では「タメ語」のなることが多かったかも(笑)

 

ただ、少なくとも周囲に他の社員がいる場合は敬語で挨拶をしたほうが無難です。

 

挨拶する相手への配慮もありますが、それ以上に、あなたと相手以外の「周囲」に配慮する必要があるからです。

 

あなたと同期の友人にはタメ語でも全く問題ないように思える場合でも、

 

その様子を見ていた周囲の中には

 

「アイツは、自分の上司になる相手に対して、敬語をつかってない!組織では相手が上司である以上、いついかなる時も敬語に正すべきだ!けしからん!

スポンサードリンク

 

って、思う人がいるのも確かです。

 

相手以外を意識した場合、(少なくとも社内では)敬語で挨拶しておくのが無難です。

メールやラインでの挨拶文

メールやラインで内のメッセージ本文は、フランク(つまりタメ語)な内容でいいのではないでしょうか。

 

社内で昇進のお祝い挨拶をする場合は敬語、逆にメールのやり取りはタメ語といったふうに、使い分けたほうがバランスが取れると思います。

 

その意味では、仮に似たような内容であっても、直接の挨拶に重ねてメール文でメッセージを贈るというのは決して無駄な行為ではないです。

彼氏が昇進!? テンションが上がるようなメッセージを贈ろう!

昇進 彼氏 メール メッセージ

依然、彼氏が社内で昇進したみたいなんだけど、どんなお祝いメールを贈ればいい?と聞かれたことがありました。

 

とにかく褒めればなんでもいい、スゴイ!さすが!みたいなトーンを連発すればいい

 

と、私が適当な答えを返すと、彼女はそれを真に受けて

 

「スゴイスゴイスゴイスゴ~イ!さすが!!!」

 

ってな感じの返信をしてしていました(笑)

 

そのメールを受け取った彼氏はどう思ったか知りませんが、意外にも(!?)トラブルはなくその後も関係は続いているようです。

 

アドバイスをしたのは私ですが、私が男だったら、スゴイ!を連発してくるメール内容に「頭の中身が薄い女だ」と若干引いたかもしれません(笑)

 

とはいえ、あまりにも考えすぎて冷静に相手の努力を「分析」した内容よりは、感情が伝わりやすいという面があるので、全くプラスに働かなかったとも言い切れず。

 

気の利いたメッセージを贈るという、高い壁を目指すのもいいでしょう。

 

しかし、自分の彼氏が昇進してとにかく嬉しい!嬉しくてたまらない!といった、あたたの「感情」を伝えることも大事で、

 

変に構えたメールよりも、逆に彼氏に喜ばれる確率が高まるということも考えられます。

 

なんだかんだ、「賢くてかわいい」よりも「多少バカだけどかわいい」ほうが、男にはウケます。

彼氏の昇進にこの言葉は避けたほうがいい?

あまり推奨しない言葉のチョイスは…

 

「真面目さ」「実直さ」「人柄」「優しさ」

 

人柄が認められた、真面目さが実った。だから昇進した、というのは男性のテンションを下げる危険があります。

 

どうやら男は努力や人柄よりも「才能」を褒められたい生き物のようです。

 

面倒くさいですね(笑)

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ