釣り堀のコツは?釣った魚は食べれるの?初心者向けの仕掛けも紹介

運の要素が強いとはいえ、釣り堀でのコツというものはある程度存在します。

 

さっきまで全然釣れなかったのに、ちょっと方向を変えただけで途端に釣れるようになった。というのは釣り堀ではよくあることです。

 

今回は、初心者が気にしがちなテーマである

 

・釣り堀で魚を釣り上げるコツ

 

・基本的な仕掛けの例

 

・釣った魚は食べれるの?

 

の3点についてまとめました。

釣り堀で魚を釣り上げるコツ

  • 朝一でいく
  • 餌を柔らかめにする
  • むやみに竿を引き上げない
  • 餌を底まできちんと落とす
  • その釣り堀場の特徴を知る

スポンサードリンク

餌の状況をチェック

たくさん釣ることにこだわるのであれば、早朝に足を運ぶことがコツです。

 

昼過ぎの釣り堀を泳ぐ魚は、既にお腹が満たされているため、餌の食いつきがよろしくない場合があります。

 

餌については、魚が食いつきやすいように小さめにつけるのがコツ。同じ理由で、餌は固いよりも柔らかめのほうがいいです。

 

また、餌が水槽の底にしっかり落ちていることも確認する必要があります。

 

餌が浮いてしまっているのであれば、オモリやウキの位置を変えて調整しましょう。

釣り堀の特徴を知る

釣り堀には、その釣り堀場ごとの特徴があります。

 

釣り堀によって、魚がよく通る場所とそうでない場所があります。

 

常連そうな客を見つけて、その人の近くにしれっと移動するのも手ですが、一番イイのは、そこの釣り堀場に通うことです。そうすれば自然とアタリをつけられるようになります。

 

この点は、特に海上釣り堀において重要になります。海上釣り堀においてたくさん釣るには、地合を引き当てられるか否かにかかっている面があります。

 

地合とは、天候や潮の流れなど様々な条件によって変わる、魚の食いつき度合いのことです。

 

どんなにいい仕掛けをしても、魚に食事をする気がなければ大量の魚を釣り上げることは困難です。

 

そして、海上の釣り堀においてこの地合をつかむためには、何度も同じ釣り堀上に通うことで、感を養うことが大事になってきます。

スポンサードリンク

 

初心者のうちは、ころころと釣り堀場を変えないほうがその感覚が養われます。

初心者向けの仕掛けについて

仕掛けについては、最初のうちは必要以上にこだわる必要はないかと思います。

 

ウキ、クッション、ハリス、針が一式セットになったものが貸し出されているのあれば、そういったものを利用することをオススメします。

 

慣れてきたら、「ここはこう変えたほうがいい」といった具合に、自然とカスタマイズできるようになるので。

 

初心者でも、仕掛けにこだわる人がいますが、それよりも地合に意識を集中させることのほうが近道のコツ。

 

一応、初心者向けと思われる仕掛けの一例を紹介しておきます。

鯛、シマアジ用

*クリックすると拡大します

釣り堀 仕掛け コツ
画像引用元
http://www.turibori-ism.com/?cat=116

■竿:3m~3・5m

■リール:3000~4000番

■道糸:ナイロン5号以上

■ウキ:3号ウキ

■ハリス:3号~4号

■針:伊勢尼9~10号

道糸はナイロンのものを推奨。PEはは絡まって扱いずらいです。

オモリを使うのであればクッション付きのものにする。

青物用

*クリックすると拡大します

釣り堀 仕掛け コツ2
画像引用元
http://www.turibori-ism.com/?cat=116

■竿:3m~3・5m

■リール:4000番

■道系:ナイロン7号~8号

■ウキ:無くてもよい

■ハリス:6号~8号

■針:伊勢尼12号

釣り堀で釣った魚は食べれるの?

初心者の中には、釣り堀で釣った魚は食べられないと勘違いされている人もみかけますが、そんなことはありません。

 

釣り堀を泳いでいる魚であっても、魚である以上食べれるのが基本です。

 

ただ、フナやコイなどは釣り堀場によっては避けるのが通常かなと。

 

特に屋内の釣り堀場では、水質がイマイチで、不衛生である可能性があるので…

 

あと、釣り堀場のコイを食べるというのは聞きますが、フナを食べたというのはあまり聞かないです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ