青竹踏みのやり方/やりすぎは逆効果?100均の青竹でも効果ある?

青竹踏みは足の裏のつぼを刺激するための効果的と言われています。

 

足つぼマッサージは足裏のつぼを細かく押さえていないと上手くできないのに対して、

 

青竹踏みは青竹を踏むだけで足裏全体を広範囲で刺激することができるため、「素人がする足つぼマッサージ」としては大変有効だといえます。

 

とゆーわけで、

 

今回は、青竹踏みをテーマに

  • 青竹踏みの基本的なやり方
  • 青竹踏みの効果
  • 青竹踏みのやりすぎによる弊害

について記事をまとめました。

青竹踏みの基本的なやり方/100均で買った青竹でもOK?

やり方はいたって単純です。

 

床に青竹を置いて、右→左と交互に踏む動作を繰り返すだけです。

 

まずは、土踏まず(足の裏の凹んだ部分)を中心に当てるように青竹を踏みます。これが基本です。

スポンサードリンク

慣れてきたら、土踏まず以外の部分、踵(かかと)や指の付け根などにも当てるなどして範囲を拡大してきましょう。

 

難しく考えずに、自分の気持ちい部分に当てることが長続きするやり方のコツだと思います。

100均で買った青竹でもOK?

使用する青竹はダイソーなど100均で購入した、プラスチック製のものでも構いません。同様の効果が期待できます。

 

選ぶポイントとしは、長さが短すぎるとやりにくいので、肩幅程度の長さのものがいいです。

 

また、サイズに関しても、大きめと小さめの二種類を用意したほうが便利です。

 

大きいサイズは感触がソフトです。一方で、小さくなるについて刺激が強くなります。

 

このへんは好みにもよりますが、最初のうちは大きめサイズの青竹を踏んで、慣れてきたら小さめの青竹を踏むという流れのほうが無理のないやり方です。

スポンサードリンク

 

イボイボ付きのものやシンプルなものなど、最近は100均でも様々な商品がリリースされています。

 

青竹踏みの効果

青竹踏みの効果はとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 冷え性改善
  • 腰痛改善
  • 疲労改善
  • メタボ対策

足の裏は第二の心臓と評されます。

 

心臓が身体のいたるところに血液を送り活発な活動を促しているように、足裏にも身体の様々な器官・神経の働きを助ける作用があるということです。

 

足裏には身体の各箇所を元気づけるボタン(スイッチ)がついています。

 

そしてそのスイッチを押してやる運動が青竹踏みや足つぼマッサージだといえるでしょう。

青竹踏み 効果hokasaitokara

土踏まずが凹んでいる意味

土踏まずが凹んでいるのには意味があって、この凹みがあることで、地面と足裏が接触した時の衝撃が和らぎます。つまりクッションの役割を果たすのです。

 

で、実はこの凹み、年齢等の理由により凹みが浅くなってきます。

 

そこでこの凹みに圧力を加えることで、再び凹みを深くする必要がでてくるのです。

 

青竹踏みの基本として、土踏まずに当てるように指導するのはここに理由があります。

 

土踏まずの機能が改善されれば、歩くことで溜まる疲労が少なくなり疲労が改善されるということに繋がるのです。

青竹踏みのやりすぎは逆効果?

青竹踏みの推奨時間は、1日5分から10分とされています。

 

とはいえ、仮にそれを超えてやったとしてもよほどのことがない限り副作用的なデメリットはないと考えられます。

 

ただ、青竹踏みのやりすぎによって考えられる逆効果・デメリットとして「角質」の存在があります。

 

足裏を刺激することで、肌が外部からの衝撃に対抗しようとします。その結果、足裏の角質が厚くなってしまうということは想定されるのです。

 

角質がぶ厚いのは、水分や油が足りない状態。見た目も触った感じもごわごわします。

 

男性であれば、そこまで気にする必要はないかもしれません。

 

しかし、角質があまりにも頑固だと足裏に圧力を加えてもその刺激が神経に伝わりづらくなります。

 

スイッチが鈍くなるといったほうがいいかもしれません。

 

そうなってしまうと、頑張ってマッサージや運動をしても期待通りの効果が得られない、逆効果になってしまうということにも…

 

となれば、やはり青竹踏みにかける時間は5分程度にしておいたほうが無難かともいえますね。

 

何でもやりすぎは禁物ということです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ