お食い初めのお祝い金相場と服装マナー/100日目の数え方も解説!


お食い初めは赤ちゃんが食事を祝うための儀式です。

 

儀式といよりも「お食事会」といったほうがいいかもしれません。つまり、あまり肩肘を張る必要はないということです。

 

とはいえ、招かれたほうはいろいろ気になることもあるかと思います。

 

とゆーわけで、

 

お食い初めに招かれた際の注意点として、

 

・お祝い金の相場額

 

・着ていくべき服装

 

について記事をまとめました。

 

また、お食い初めの「100日目の」数え方・解釈についても触れてあります。

お食い初めのお祝い金相場額は?

お食い初めに招かれた際には、お祝い金をと考える人が多いかと思います。

 

この点については、出産祝いに比べると祝い金の相場額は落ちる傾向にあります。

 

出産祝いでは5万を超える金額も珍しくはありません。しかし、お食い初めで5万円はかなりの高額とされるのではないでしょうか。

 

相場としては、5000円~3万円。一番多いのは1万円かなと。

 

お食い初めで持参する現金は、祝い金というよりも食事代という意味合いが強いです。

 

主催する側が提供するであろうお料理に合わせるというのも一つの考え方。

 

つまり、ホテルで会食するなど、先方がそれなりにお金をかけたであろう場合はそれなりの金額を渡すことになるし、

スポンサードリンク

 

そうではなく、自宅でしかも手料理ということであれば金額を抑えるなど、相手方のかけたコストとバランスのとれる金額が、お食い初めの祝い金相場といえるかと思います。

 

あるいは、(これは個人的な考えですが)現金を渡すとなると、もらう側もその金額には気を使います。

 

となると、現金は少額(5000円程度)にして、それに加えて(ベビー用品等の)現金ではなくモノを贈るほうが、

 

「食事代+赤ちゃんへのプレゼント」

 

ということで、お食初めという行事の趣旨に合うのではないでしょうか。

着ていくべき服装は?

お食い初めてに招かれた場合に着ていくべき服装ですが、こちらに関しては特に決まりといったものはありません。

 

しいていえば招かれた場所による。ということでしょうか。

 

レストラン等でお食い初めをするのであれば、そのお店の雰囲気にあった服装をしていくべきでしょう。

 

とはいえ、お食い初めについは自宅で済ますという家庭がほとんどではないでしょうか。

 

そして自宅に赴くというのであれば、普段着に毛が生えた程度の服装で十分ではないかと思います。

 

お食い初めでは赤ん坊を抱っこさせてもらうする場面も出てくる可能性があります。その際にあまりにもフォーマルに過ぎる格好でいるにはそぐわない感じもします。

 

もてなす側も赤ちゃんがあなたの高級な服を汚してしまわないか気をつかうでしょう。

 

その意味では、ジャケットスタイルで出かけインナーはある程度ラフな感じにしておく。というのがバランスも取れるし、お食い初めではベストな服装であると考えます。

100日目の数え方と解釈

お食い初めは「生後100日目」を祝う行事です。

 

この100日目の数え方ですが、生まれた日を1日目として数えます。

 

今の説明でも分かりにくいという場合は、下記のサイトが参考になります。

 

http://baby.gyozi.net/

 

生まれた日を打ち込むだけで、自動的に計算してくれます。

 

たまに数え方の解釈につき仏滅は含めるのか?

 

100日目がちょうど仏滅に当たる日だった場合、それでも100日目にやったほうがいいのか?

 

と、このような疑問を感じる人がたまにいるようです。

 

数え方自体は、機械的に計算するので仏滅を抜かすとか含めないといったルールはありません。

 

では仏滅の日にやるべきなのかといえば、そんなこともありません。

 

100日目にするというのは、あくまでも目安であって絶対ではりません。地方によっては、100日目ではなく、120日目にやる地域もあります。

 

なのでお食い初めの日付については、そこまで敏感でいる必要はないといえるでしょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ