【簡単】焼き鳥のたれ(タレ)の作り方/塩・醤油の両レシピを公開!

市販の焼き鳥のたれ(タレ)を嫌う人がいます。

 

味が強すぎる!濃すぎる!というのが最も多い理由です。

 

確かに、市販の焼き鳥のタレは甘ったるく舌にくる刺激がやたらと強いことが多いです。

 

その点、手作りのたれ(タレ)であれば自分で味を調節できます。

焼き鳥のたれ 作り方 fotozoukara

とゆーわけで、

 

焼き鳥のたれの作り方について、

 

基本的なレシピ、それに加え私が知っている隠し味も合わせて記載したいと思います。

スポンサードリンク

 

簡単・醤油たれ(タレ)の作り方

基本的な材料は、

 

醤油、酒、砂糖、みりんの4種です。

 

配合の比率は、好みによってバラバラだったりしますが、

 

醤油、酒、砂糖を大さじ1、みりん2

 

で、私はやってます。

 

これらを鍋の底で若干のとろみが出るまで煮詰めれば完成です。

 

とろみを増したいときは、水溶き片栗粉、あるいは水あめを足して煮詰めれば、さらにとろみが強くなります。

 

とはいえタレのとろみに関しては、熱が冷めて冷えることで自然にとろみが増します。その点は把握しておいたほうがいいでしょう。

 

また、砂糖については、プロは白砂糖よりも三温糖、黄ザラ、黒砂糖などを使っている傾向がありますね。

 

以上が基本的な醤油たれの作り方の流れです。手作りの焼き鳥たれ(タレ)は、案外簡単にできてしまいます。

隠し味に加える材料は?

前述のレシピでも十分に美味しいたれが出来上がります。

スポンサードリンク

 

しかし、余裕があれば隠し味も加えることでワンランク上の味を目指すことができます。

 

私がが知っている範囲の隠し味はといえば、

 

長ねぎ、(刻み)にんにく、鷹のつめ(唐辛子)、オイスターソース、

 

といったところでしょうか。

 

長ねぎは、焼いたものを加えて煮詰めることで、ねぎの風味と甘味が足されます。

 

オイスターソースは牡蠣の旨味が加わることで、味に深みがでそうです。

 

以上、余裕があれば、こういった隠し味を加えてみるのもいいのではないでしょうか。

 

動画ではちょっと変わったたれの作り方が紹介されています。

黒糖や鶏ガラ、赤ワイン、リンゴ酢等が使われていて上級者向けって感じですが、

 

焦げ付くので水あめを加えるのは最後のほうにするべきなど、ところどころ参考にするところもあります。

簡単・塩たれ(タレ)の作り方

塩たれ(タレ)の基本的な手作りレシピを紹介します。

 

用意する材料は、

 

塩、胡椒(コショウ)、酒、みりん、水、砂糖

 

以上が基本の材料になります。

 

配合比率は、

 

酒、みりんが大さじ2、水が大さじ1、砂糖が小さじ1~2

 

これに小さじ一杯の塩と、微量のコショウを合わせます。

 

基本的には先ほどの醤油たれの作り方と似ていて、醤油の代わりに塩コショウを使うイメージです。

 

同じように、材料を鍋の底に入れ、とろみがでるまで煮詰めて完成。

 

砂糖の代わりに水あめでもOK。甘いのが嫌いなひとは、水溶き片栗粉でいいと思います、

隠し味に加えるものは?

塩たれ(タレ)に加える隠し味としては以上のようなものが考えられます。

 

鶏ガラスープ、かつおだし、ごま油、レモン汁

 

個人的はレモン汁は欠かせないです。さっぱりします。

 

さらに鶏ガラスープを加えるのはコクがでます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ