手首を太くする方法/ダンベルは手首を太くしたい男性に効果的?

手首を太くしたい?

手首を太くしたいと悩む男の人は案外多いようです。

 

手首を太くして、たくましい腕になりたい。女性が「おっ」と思うような手首になりたい。

 

といった気持ちはわからなくもないです。

手首を太くする方法はあるのか?

結論からいうと、

 

手首そのものを太くする方法というのは、効果的なものがないのが事実です。

 

とゆーのは、

 

手首は骨で構成されており、元々筋肉のない箇所だからです。

 

手首の筋肉を鍛えるといっても、筋肉そのものがないのだから鍛えようがありません。

 

では、手首を構成している骨を太くすることができるのかといえば、それも難しいでしょう。

 

骨の骨格というのは生まれつきのものなので…

 

プロレスラーでさえも、プロになってトレーニングに励み体は大きくなるものの、手首をは細いままでいることが多いようです。

 

プロレスラーがリストバンドをしているのは、もしかしたら手首の細さを隠すためかもしれません。

 

いずれにせよ、手首を太くしたいと願う人にとって、「直接的」に効果のある方法は今のところはないようです。

手首を太くみせることはできる?

あなたが手首を太くしたいと思っているのは、おそらく細い手首が邪魔して、軟弱にみられるのが嫌だからではないでしょうか。

 

そうであれば、手首自体を太くせずとも解決策・方法はあります。

 

手首の少し上の部分にあたる、前腕を鍛えるのです。

スポンサードリンク

 

前腕が筋肉で「ボコっ」っと盛り上がっていれば、それだけで十分たくましくみえます。

 

手首自体の太さ細さにこだわる必要はないでしょう。

ダンベル・リストカールが有効?

前腕を鍛えることで、手首の細さからくる見た目のか細さを解消できるといいました。

 

では、どうやったらその前腕を鍛えられるか?

 

これについては、様々なトレーニングが考えられると思います。

 

ですが、前腕を鍛えるに最も効果的なトレーニングはといえば、やはりダンベル・リストカールになるでしょう。

 

ダンベルリストカールとは、ダンベルを使った前腕をピンポイントで鍛えるためのトレーニング。

 

やり方としては、以下の動画が参考になります。

ダンベルを手首の力だけで上下させる動作を繰り返すことで前腕を鍛えます。

 

あくまでも手首の力だけで上下運動させることが注意点です。

 

前腕の内側(手のひら側)を鍛える方法1と、手の外側(手の甲側)を鍛える方法2の2パターンがあり、

 

ダンベルを「逆手」に持てば方法1となり、逆の「順手」で持つのが方法2です。

 

動画は逆手ですので、方法1の鍛え方ですね。これが逆の持ち方(招き猫のような手になる)であれば方法2になるということです。

 

以上のように、手首を太くしたいであれば、ダンベルを用いたトレーニングで前腕を太くすることが一つの解決策になります。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ