騎馬戦の一騎打ちで勝つ方法とは?/1対1での戦術を徹底考察!

騎馬戦の一騎打ちに、高確率で勝つ方法とは?

前回、騎馬戦の勝ち方について、

 

集団として見たときに、どう作戦を立てるかについて記事を書きました。

 

【関連記事】
騎馬戦の一騎打ちで勝つ方法とは?/1対1での戦術を徹底考察!

 

今回は、集団ではなく、1対1、つまり一騎打ちの場面での勝つ方法について考察しました。

 

考えるにあたっては、下記の動画を参考にしました。

騎馬の背丈が高いほうが有利?

一般的に指摘されることですが、騎馬の背丈が高いほうが有利です。

 

動画を見ても、背丈の高い騎馬のほうが有利な形勢を保っているのが分かります。

 

動画の2:30秒頃からの一騎打ちをみても、騎手の人が、背筋を張って肩と顔の位置がなるべく高くなるようにしているのが見て取れます。

肩と手を下げたら負け?

先ほどの、背丈の話に通じるのですが、肩と突き出す手の高さはなるべく高く位置させるほうが有利です。

 

2:30秒の一騎打ち負けた騎手は、伸ばす手の位置を相手の腕の下に入れてしまったため、簡単に帽子を取られてしまっています。

 

帽子を取ためには、前から狙うよりも、相手の頭上から後頭部にかけて手を降ろすほうが容易。

 

前から伸びてきた腕は防げますが、頭上越しに降りてきた手の動きは防ぎにくいからです。

 

帽子を簡単に取られないために、肩と腕の位置を高く維持する意識が大事です。

 

一騎打ちで勝つ方法としては、肩と腕の高さを維持すること、これを意識することがポイントの一つといえるでしょう。

腕を掴んで、力技に持っていくのも手?

背丈の高いほうが有利、肩の位置が高いほうが有利であることは間違いありません。

スポンサードリンク

 

とはいえ、身長の違いにより、どうしても相手より低い位置で戦わなければいけないこともあります。

 

その場合、相手の腕、両手首を鷲掴みにして、まずは自分の帽子に手が伸びない状況を作るという方法もあります。

 

その後、腕を掴んだ後はどうするか?ですが、腕を掴んであとは、力技で相手の身体ごとなぎ倒すという流れにもっていきます。腕力勝負です。

 

これは、動画の6:08秒頃からの一騎打ちを見てもらえばわかると思います。

 

頭上から降りこようとする相手両腕を掴み、そのまま胸で相手騎手を押し潰すように体勢を有利に持って行きます。

 

そのまま相手騎手を地面に落とすのもいいし、のけぞった相手の帽子を奪ってしまうのもいいです。

 

動画の一騎打ちでは、有利な体勢に持込み、最後は上手く帽子を奪ってますね。

逃げる時は相手の利き腕に注意

真正面からぶつかっても分が悪い場合があります。

 

その場合、横に移動してとりあえず逃げることも方法としてはアリです。

 

しかし、逃げる際に左右後、どちらの方向に逃げるのかは大事です。逃げる方向を間違うと逆に相手にとって有利に働きかねません。

 

相手が右利きの場合、あなたが左に動いてしまうと、逆に相手にとっては帽子を狙いやすくなってしまいます。

 

動画4:33秒頃からの一騎打ちにおいて負けてしまった騎手は、

 

相手の利き腕が(おそらく)右であるのに対し、左に移動してしまったため、あっさりと帽子を取られてしまっています。移動したことが逆にマイナスになっている気配があります。

 

これが、もし右に移動していれば違った結果になっていたかもしれません。

 

右利きの人間のほうが断然多いことを考えると、移動する時は右に移動すると、ルールとして決めておくのも手です。

 

いずれにせよ、相手の利き腕を意識して戦うことも、勝つ方法としては大切であるといえるでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ