ミスチルの卒業ソングといえば?-私のおすすめベストランキング3

ミスチル(Mr.Children)楽曲の中から
卒業ソングにおすすめベスト3作品を選んでみます。

『旅立ちの唄』、『星になれたら』、『終わりなき旅』が定番

ざっと調べたところ、

旅立ちの唄

星になれたら

終わりなき旅

このへんがおすすめ曲の定番になっている模様。

『終わりなき旅』は浪人生に絶大な人気を誇るといったイメージ。

大学時代の友人・知人からは、
この楽曲を繰り返し聴き受験を踏ん張ったっていう声をちらほら耳にした。

事実、私も受験の際によく聴いていた。

出だしの

息を切らしてさ駆け抜けた道を振り返りはしないのさ
ただ未来だけを見据えながら 放つ願い

って部分が最高に良い。あと、

高ければ高い壁の方が登った時気持いいもんな
まだ限界だなんて認めちゃいないさ

って箇所も好きな人が多いみたい。

たしかに浪人生ウケしそうな一節だ(笑)

『星になれたら』も卒業ソングに好まれるのがよく理解できる。

長く助走をとった方が より遠くに飛べるって聞いた

カラオケでよく歌いますが、2番目歌詞のこのフレーズが好きです。

(なんかこれも浪人生ウケしそうな言葉ですね…(笑))

ミスチルって2番目の歌詞のほうが有名だったりする。

『名もなき詩』の2番目歌詞、

愛はきっと奪うでも与えるでもなくて
気が付けばそこにある物

とか、その典型かと。

ちなみにだけど、

『星になれたら』は、女優の広末涼子が大好きな楽曲で、
彼女がこの曲を励みにして芸能界を目指した、ってことは有名な話。

スキマスイッチとか絢香もこの楽曲をカバーしてるし、
アーティストも唸らせる作品なんだね。

 

あえてマイナーな楽曲から選んでみる

あんまり皆とかぶってもアレなんで…

私なりにミスチルの卒業ソング・ベストランキング3を
あ・え・て、マイナー曲からチョイスしてみた。

とはいえ、

ファンからすればそれば知ってて当然、マイナーじゃねー、
ってとこもあるかと思うので、そこはお手柔らかに。

スポンサードリンク

 

3位 『跳べ』

アップテンポの曲だから卒業ソングとしては?
って部分があるけど、跳べ(飛べ)っていうフレーズ
卒業そのものではないですかね。翼をください的な。

ラストの、

そうだ ここが出発点 そうだここが滑走路
目指すべき場所はなくとも 離陸せよ!

…のフレーズを最後に合唱し終えたら、かなりカッコイイと思われる。

ここ(=卒業式場)が出発点・滑走路ってことになるよね。

 

2位 『通り雨』

卒業ソングにドンピシャって感じではないかもしれない。

でも、楽曲が持つ全体的な雰囲気、

暖かいような、それでいて寂しいような、

その微妙なニュアンスが

晴れやかだけどもの悲しいといった卒業と交差するのでは。

通り雨 この胸を濡らして
水溜り いくつも作っていく
いつか光が射して それが乱反射し合って
キラキラ輝くといいのに

通り雨とは卒業式で流す涙のこと。

頬を伝い落ちる涙の粒には、
学友と過ごした思いでの一つ一つが含まれていて、
ぽたぽたと体育館の床に水溜りを作っていく。

いつしかその涙の溜まり(思いでの数々)にも光が射して、
それが乱反射し合って、キラキラ輝けばいいのに

…こんな感じで解釈してみると、

卒業ソングとして成立するではないかと思った。

ピアノの伴奏もマッチしそう。

 

1位 『いつでも微笑みを』

ミスチル楽曲の中でたまにある
平和の恒久を願うキャンペーン的なソング

戦争や争いを匂わせるフレーズもあるので
学校的にはどうかなってところもある。

しかし、どんな辛いことがあっても微笑みでいようというメッセージは、
シンプルだけどストレートな力強さがあり

別れの場である卒業式で

いつでも微笑みを

と、皆で声を合わせて合唱するのは素晴らしい(と思う)

余談だが、この楽曲には間奏で口笛を吹く箇所がある。

口笛を揃えて合唱にするなんてことは可能なんだろうか(笑)

もしできたら、スゴイ!!の一言。
是非YOU・TUBEにUPしてほしい。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ