【母の日】高校生の予算に相応しいおすすめプレゼントor手料理!

高校生の予算に見合った母の日のおすすめプレゼント

母の日が近づいています。

 

今回は、高校生が母に贈るに無理のないプレゼント・手料理は何か?

 

これに焦点を当てて、記事をまとめてみました。

 

まず、両親へのプレゼントであれ、友人へのプレゼントであれ、ある程度の金額の設定というのが大事になってきます。

 

あまりに高価なモノを渡すのは、場合にとっては相手にとって重荷になります。

 

とりわけ、両親へのプレゼントは、値段が高すぎると、「大丈夫なの…」と逆に心配をかけてしまう可能性も。

 

この点、中高生における、母の日における予算の平均額は、2000円前後となっています。

 

1000円~2000円の間が最も多く、高くても3000円程度といったところでしょうか。

 

大学生以上であっても5000円を超えるプレゼントを渡すのは少数派。これは高校生に関わらず、あまり高価なモノを渡して気をつかわせたくないといった、心内の現れでしょう。

 

とゆーことで、

 

もし私が高校生にタイムスリップして、(2000円以内で)母の日にプレゼントを手渡すとしたら何をチョイスするか、私なりに考えてみました。

 

結論からいってしまうと、

 

私が良いなと思った母の日のプレゼントは、メッセージ入りの湯のみ(or)マグカップです。

母の日 高校生 プレゼントhokasaitokara

画像引用元
http://www.enjoy.ne.jp/~marichan/naire%20yunomi%20hanabatake.html

 

通販で購入できて、かつ商品にメッセージを入れてくれるサービスを提供してくれるお店があるみたいです。

 

マグカップだと予算をちょっとオーバーしますが、湯のみだと2000以内に収まります。

 

何で湯のみ?って思った方へ、私がこの商品をおすすめする理由を以下に述べます。この理由が大事です!

『言葉』がポイント

世の中の母親が子どもからもらって一番うれしいプレゼントは?

 

それは、感謝の言葉

 

単純ですが、これが一番であることは間違いないようです。

 

ありがとうの言葉さえあれば他にはいらない!

 

と、口にする母親も実は多いです。

 

間違いなく、「言葉」というのは一つのキーワードになります。

 

その意味で、「手紙」が母の日のプレゼントランキングで殿堂入り扱いされるのも納得できます。

 

とはいっても…

 

手紙は照れくさい。そう感じる高校生も多いかと思います。

 

成人を迎えた大人の私ですら(大人だから?)それは変わりません。

 

ただ、手紙だと直接的すぎてやはり抵抗があることは否めません。だから、モノに言葉を託して渡すことで感謝を伝えやすくなるのではないかと思ったわけです。

スポンサードリンク

 

メッセージ入りの湯のみをすすめた理由の一つはそれです。

あえて、消えモノではなく残るモノを!

メッセージ入りのギフトといえば、最近では長崎カステラが流行だったりします。

 

これであれば、2000円の予算にも収まります。

 

ただ、あえてカステラのような消えモノ(食べ物)ではなく、湯のみのようなカタチあるものにしたのには理由があります。

 

確かに、ゴミにならずかつ処分にも困らないといった意味では、消えモノ(食べ物)はギフトとして効果的です。

 

しかし、

 

これは友人同士に当てはまるルールで、母の日には当てはまらないと私は考えます。

 

両親への贈り物の場合は、逆に「一生残るモノ」をプレゼントしたほうが喜ばれるのではないでしょうか。

 

ある大物芸人は、寝る前に娘からもらった鉛筆をたまに見返しては感動に浸る。といったエピソードを感慨深く語っていました。

 

つまり、娘や息子からもらったモノというのは、大事に「とっておきたい」ものなのです。

 

食べ物はすぐ消えてしまうので、「たまに見返す」ということができません。それゆえ、私は母の日のプレゼントもあえて「一生残るモノ」をおすすめします。

まとめると、、、

高校生が母の日にプレゼントを選ぶポイントは

 

■言葉が込められている

 

■カタチとして残るモノ

 

この2点にあると考えます。

 

湯のみを紹介したのは、以上の2点を満たしつつ、かつ2000円以内に収まるものが他に見つけられなかったからです。

 

他に、オリジナルメッセージを入れられるモノとして、「リングスタンド、箸」などがありましたが、いずれも4000円前後が必要で、いずれも予算オーバーでした(笑)

手料理を作るならコレをススメる!

最近は、(男女問わず)記念日に手料理を贈り物にするのが密かなブームです。

予算を気にしなくていい

母の日に手料理をふるまう親孝行な中高生も増えています。

 

料理であれば、よほどの高級食材でも使わない限り、2000円以内には収まるでしょう。料理の場合は予算をあまり気にする必要はありません。

 

1000円以内でも十分なものを提供できます。

意外なおすすめメニュー

人気なのはオムライスです。間違いありません。

 

ケチャップで「ありがとう」と、言葉を入れられるのも大事なポイントです。

 

ただ、定番のオムライス以外で私がイイなと思うのは、

 

ズ・バ・リ、餃子です!

理由は、餃子は最も個性が出るメニューだから。皮のつつみ方から、焼き加減、中の具材まで、作る人によて、違いがでるポイントの多い料理です。

 

動画は、「3クッキング」と題したものです。微妙に面白かったので、添付しておきます(笑)

 

餃子は、あなたならではのモノを提供できるという意味で、実はプレゼント向きの料理といえるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ