金太郎飴のオリジナル(オーダーメイド)品ならこの店がおすすめ!

金太郎飴のオリジナル品が流行!?

近年、お祝いに「金太郎飴のオーダー品を」と考えている人が増えています。

 

結婚式や七五三など、主に儀式的なことにおいて利用される機会が多く、

 

中でも、結婚式披露宴での引き出物(プチギフト)として、金太郎飴をオーダーメイドすることに人気が集まっているようです。

 

その人気の秘密は、手軽さとオリジナル性にあります。

 

少人数への贈り物ならともかく、大人数への贈り物は多くのひとが悩むもの。

 

特に、結婚式のように「自分たちが主役」のイベントにおいては、オリジナリティー溢れる品を用意したいという気持ちが強くなるのは当然です。

 

とはいえ、オリジナル志向をを強くするあまり、相手にとって重くなってはいけません。

 

ここが難しいところで、

 

例えば、新郎新婦、二人だけの似顔絵イラストがデザインされたお皿を渡された日には、「こんなのいつ使うんだよ!」となってしまいます。

 

その点、金太郎飴であれば、重く取られることは間違いなくないでしょう。オーダー品にして、自分たちでデザインしたものを提供することで、オリジナリティーも発揮することができます。

 

金太郎飴のオーダーサービスが人気を集めているのも理解できます。

オーダーメイドOKのおすすめの店舗

金太郎飴のオーダーサービスを行っているお店は日本に多数あります。しかし、その中でも台東区(東京)にある「金太郎飴本店」を今回ご紹介します。

 

数ある店舗の中でも、結婚式などの日本の式事に利用するには、こちらがピッタリだと思います。

金太郎飴 オリジナル オーダー hokasaitokara

画像引用元
http://www.kintarou.co.jp/index.shtml

理由は2つあります。

 

一つ目は伝統、二つ目は味の質です。

スポンサードリンク

明治から続く伝統

明治時代から続く「金太郎飴本店」は間違いなく老舗。

 

そして、この「金太郎飴本店」には、関東大震災と大空襲、この二つの大ピンチを切り抜けてきたという事実があります。

 

大ピンチを経験したにもかかわらず、今なお営業を続け、庶民に愛されている。伝統を守り続けている。

 

この事実自体が、互いに困難を協力しあって乗り越え続けるという、理想の夫婦をイメージさせます。その意味で、「金太郎飴本店」は結婚式の引き出物を取り扱うに相応しい店舗といえるでしょう。

控えめな味

「金太郎飴本店」の飴は、味の品質にも定評があり、決して伝統だけを売りにしてないところが、支持を得ている理由です。

 <中略>飴菓子となってはいるものの、甘さは控えめ。米(と思われる)の自然な甘みを感じられた。昔の飴はこんなに甘さが控えめだったのか、と驚く。

引用元 http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132401/13008695/dtlrvwlst/4988928/

レビューにもあるように、控えめな甘さとなっており、子ども・大人問わず好まれます。この点も、結婚式には向いている要素といえます。

まとめ

いかがでしょうか、金太郎飴のオーダーサビス。

 

着物よりもウエディングドレスが多いのが最近の結婚式ですが、引き出物やプチプレゼントを活用し、さりげなく日本らしさを演出してみるのも効果的ではないでしょうか。

 

金太郎飴本店の「オリジナル飴 特設サイト

 

アニメキャラのデザインもオーダーできるようなので、子どもの節句祝いとしてプレゼントするのもいいかもしれません。

金太郎飴 オーダー 結婚式 hokasaitokara

画像添付
http://www.kintarou.co.jp/original/jirei.shtml

 

他にも、自営業者の方が、自分の店のロゴデザインの入ったものを作るなど、活用の仕方はもっと広がりそう。

 

美容院でカット終了後によく飴を渡されますが、あれがもしロゴデザインの入ったオリジナルの飴だったら。オシャレですよね。

 

もちろん、デザインによってはオーダー通りに仕上げるのが難しいでしょうから、そこは要相談。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ